動物図鑑・ニホンノウサギ(ノウサギ)

ニホンノウサギ (ノウサギ) さんのプロフィール



動物図鑑・ニホンノウサギ

ニホンノウサギ (ノウサギ)

ウサギ目 ウサギ科
学 名 Lepus brachyurus
英 名 apanese Hare
分布域 日本(本州・四国・九州・佐渡・隠岐など)
生息環境 森林地帯や草原など
体 長 43~55cm 程度
尾 長 2~5.4cm 程度
体 重 1.5~3kg 程度

ニホンノウサギ(ノウサギ)は国内に分布している固有種で、北海道を省く本州、四国、九州と、その周辺の島に分布している。
キツネタヌキシカなど共に馴染みのある動物で、単にノウサギと言えば、本種を指すことが多い。

耳は細長く、6~9cm程もあり、動かすことができる。
後ろ足は前足よりも長く、前足に5本、後ろ足には4本の指がある。
ヨーロッパ北部からシベリア、モンゴル、北海道などに分布しているユキウサギによく似ているが、体は小さく、尾は短い。

体毛は短く、毛色は茶色や赤茶色、褐色などで、腹部は白いが、四肢も茶色っぽい色をしている。
しかし、夏毛と冬毛が見られるものもいて、冬でも茶色のままのものと白くなるものがいる。
毛色の変化は、気温や日照時間、光量などの環境条件に影響されるとも考えられているが、北のものや積雪地帯に分布しているものほど、白色化が多く見られる。

ニホンノウサギは平地から丘陵地、山地まで生息していて、標高2700m辺りの高地まで見られる。
主に藪や草原、森林などに生息しているが、荒地や二次林、都市近郊などでも見られ、河川周辺でも見られる。
しかし、多くは農村部に生息していて、森林の端の人里の近いところに多い。

普段は単独で生活していて、草食性で、草や草の茎、木の葉などを食べるが、イタドリやスギナ、ススキなどのイネ科の植物など、季節によって様々なものを食べ、冬には樹皮や小枝なども食べる。

夜行性で、昼間は木の根元や草むら、藪の中などで休んでいるが、ノウサギの仲間は、巣穴などはつくらない。
早朝や夕方には活発に活動し、行動範囲は季節や食糧事情などによって変化するが、ねぐらとなる周囲0.1~0.3k㎡程度と言われていて、一晩に0.06k㎡程を移動すると考えられている。

外敵はキツネやテンワシなどの猛禽類だが、聴力に優れていて、外敵を察知すると、甲高いような鳴き声を上げて仲間に知らせる。
動きは素早く、走るときには耳を倒して、丈夫な後足で跳躍する。

繁殖期は地域によって差があり、南のものは1年を通して繁殖するが、北のものは1~8月頃に見られる。
繁殖期には雄同士が争うようなことがあるが、特定の繁殖形態はなく、雌雄共に複数のものと交配する。

妊娠期間は42~47日程で、1産1~5仔、稀に6仔を出産するが、普通は2仔を出産する。
また、妊娠期間が短いこともあり、ニホンノウサギは年に3~5回ほど繁殖する。

出産は、地面のくぼみなどに枯れ草などを敷いて行われ、生まれたばかりの子どもの体重は80~100g程度。
生後10日から2週間ほどで草類を食べはじめ、2~3週間ほどで離乳する。
雌は10ヶ月程で性成熟し、雌雄共に野生での寿命は3~4年程度とされている。

このほか、ニホンノウサギは次の4亜種に別けられることがある。
キュウシュウノウサギ (Lepus brachyurus brachyurus)
ニホンノウサギの基亜種で、東北より南の太平洋側から四国、九州などに分布していて、北のものは冬に白くなる。
オキノウサギ (L. b. okiensis)
隠岐諸島に分布していて、体長50cm、耳の長さは9cm程で、毛色は冬でも白くならない。
トウホクノウサギ (L. b. angustidens)
東北地方から山口までの日本海側に分布していて、冬には白色化するものもいる。
サドノウサギ (L. b. lyoni)
佐渡ヶ島に分布していて、冬には全身が白色になる。

上の4亜種が一般的に認められているが、分布の境界が不明瞭なことなどもあり、再検討も提唱されている。
また、国内のウサギの仲間としては、北海道にナキウサギ科の「エゾナキウサギ」が生息しているが、奄美大島と徳之島のみに生息する「アマミノクロウサギ」は、本種と同じウサギ科に属しているが、ウサギ科の中でも最も原始的な種類で、天然記念物に指定されている。

国際自然保護連合(IUCN)によると、現在、ニホンノウサギの絶滅の危惧はないとされているが、国内では森林の開発などによる生息地の減少などが懸念されている。
ノウサギは農作物に被害を与えることもあり、害獣として駆除されることもあるが、一方ではキツネやワシなどの大切な獲物にもなっていて、ノウサギの減少による他の動物への影響なども心配されている。

かつては、食料や毛皮の利用などで広く狩猟されていたニホンノウサギだが、現在では、自治体によっては準絶滅危惧種などに指定される状況になっている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ニホンノウサギ 1 動物図鑑、ニホンノウサギ 2動物図鑑、ニホンノウサギ 3動物図鑑、ニホンノウサギ 4動物図鑑、ニホンノウサギ 5