動物図鑑・タイワンリス

タイワンリス さんのプロフィール



動物図鑑・タイワンリス

タイワンリス

齧歯目 リス科
学 名 Callosciurus erythraeus thaiwanensis
英 名 Pallas's squirrel / Taiwan squirrels
分布域 台湾
生息環境 低地から山地にかけて森林地帯など
体 長 20~22cm 程度
尾 長 17~20cm 程度
体 重 300~400g 程度

タイワンリスはインド東部から中国や台湾、インドシナやマレー半島にかけて広く分布しているクリハラリスの亜種で、台湾の固有亜種とされている。

体毛は短く、毛色は背面が灰褐色のような色合いで、黒と黄土色の霜降りになっている。
腹部は、名前のように赤褐色(栗色)や灰褐色をてしいるが、毛色には地理的変異が見られる。
尾は体長と同じくらい長くてフサフサトしているほか、目は大きくて視力に優れ、視角も広い。

一見するとニホンリス(ホンドリス)によく似ているが、タイワンリスの腹部は灰褐色や栗色のような色をしていて、ニホンリスのように白くないので見分けることができる。
また、ニホンリスでは冬毛になると耳先に毛が生え、先端が尖ったように見えるが、タイワンリスの耳は短く丸い。
しかし、ニホンリスよりも体は大きく、大きいものでは全長40cmを超え、体重は500g近くに成長するほか、ニホンリスよりも鳴き声をよくあげると言われている。

タイワンリスは台湾の低地から山地にかけての常緑広葉樹林に生息しているが、造営林や市街地の緑地などでも見かけられる。
主に樹上で生活しているが、しばしば地上でも活動する。

樹上での動きは素早いが、跳躍力にも優れ、樹間や枝の間を1m近く跳ぶこともできるほか、四肢の爪は鋭く、頭を下にして木から垂直に降りることもできる。

普段は単独で生活しているが、若い者などは小さな群れで見られることもある。
昼間に活動するが、朝夕には特に活発に動きまわり、木の葉や種子、花やドングリなどの木の実、果実などの植物質の他、昆虫やカタツムリ、鳥の卵なども食べる。

また、冬季に冬眠することはなく、樹皮を剥いで樹液を舐めたりするなど、タイワンリスは季節に合わせて様々なものを食べている。
食べ物は両手を使って口に運ぶが、穀類も好んで食べることから、農作物に被害を与えることもある。

行動範囲は生息環境などによって異なるが、雌で0.5~0.8ha、雄で1.3~3.8ha程度と言われていて、雄の行動範囲は重複するが、雌同士の重複は少ないとされている。
また、雌雄の行動範囲は互いに重なっていて、狭い生息域の中に互いの行動範囲が重なっていて、タイワンリスの生息密度は高いとされている。

繁殖期は春や秋に多く見られるが、タイワンリスは1年を通して繁殖が可能で、年3回の繁殖が可能とされている。
巣は樹皮や細い枝などを利用して樹木の枝の間に丸い巣をつくるが、樹洞や人家の屋根裏などにも巣をつくることがある。

繁殖形態は決まっておらず、雌雄共に複数の相手と交尾し、妊娠期間47~49日程で、雌は1産1~4子、普通は2子を出産する。
育児は雌によって行われ、子どもは40~50日程で巣から離れる。
雌雄共に1年程で性成熟し、野生での寿命は4~5年程度だが、飼育下での寿命は長く、16年を超えたものが知られている。

外敵はワシなどの猛禽類やヘビなどで、危険を感じると警戒音を出し、仲間に知らせる。

タイワンリスは1935年頃以降に、動物園やペットとして飼育されていたものが逃げ出したり、観光用に放たれたりして、国内の多くの地域に移入定着している。

しかし、タイワンリスは在来のニホンリスを圧迫している他、鳥の卵を食べることから、メジロやコゲラ、シジュウカラなどの野鳥などの脅威になっているほか、食性も広いことから農作物に被害を与えるたり、人家に侵入して電線や電話線を齧ったり、屋根裏に営巣して木材を齧るなどの被害も報告されている。

現在、タイワンリスはアライグマなどと共に特定外来生物(外来生物法)に指定されていて、自治体によっては箱ワナなどによる捕獲も行われている。
移入定着しているのには中国大陸の亜種も含まれているが、神奈川県をはじめ、東京、埼玉、静岡、岐阜、大阪、兵庫、和歌山、長崎、大分、熊本、伊豆大島,など、幅広い地域に移入定着していて、、国外ではアルゼンチンのほか、フランスやベルギー、イタリアやオランダなどにも移入分布している。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、タイワンリス 1動物図鑑、タイワンリス 2動物図鑑、タイワンリス 3動物図鑑、タイワンリス 4動物図鑑、タイワンリス 5動物図鑑、タイワンリス 6動物図鑑、タイワンリス 7