動物図鑑・マレーヤマアラシ

マレーヤマアラシ さんのプロフィール



動物図鑑・マレーヤマアラシ

マレーヤマアラシ

齧歯目 ヤマアラシ科
学 名 Hystrix brachyura
英 名 Malayan Porcupine
分布域 ネパールからインド、東南アジア、中国中央部など
生息環境 森林地帯など
体 長 60~70cm 程度
尾 長 6~10cm 程度
体 重 7~8kg 程度

ヤマアラシは背中に針が生えている特徴のある動物としてよく知られているが、マレーヤマアラシはネパールからインド、中国中央部からインドシナ半島、マレー半島、インドネシアのスマトラ島、ボルネオ島などに広く分布している。

毛色は黒色や濃い茶色、黒色を帯びたような茶色などで、背中の針は白黒のマダラになっている。
前足には4本、後足には5本の指があり、首の下には白い筋が見られるものが多い。

つがいや家族単位の小さな群れで主に森林地帯に生息しているが、マレーヤマアラシは森林周辺の開けた場所や岩場などにも生息していて、標高1300~1500m程度のところにも姿を見せる。

主として夜行性の動物で、昼間は洞穴や岩の間、自らが掘った穴などに潜んでいて、日が暮れると採食に出かけていく。
雑食性で、果実や木の根、樹皮などの他、雑食性で昆虫や腐肉なども食べるが、食べ物は前足でつかんで器用に食べる。
かじる力が強く、木の葉などは枝ごとかじって食べてしまう。

また、視力はよくないが嗅覚は優れていて、匂いを頼りに植物の茎や球根なども掘り起こして食べたりするほか、農耕地に現れて農作物を荒らすこともある。

マレーヤマアラシは他のヤマアラシと同様、ふだんはおとなしい動物だが、トラウンピョウなどの外敵などに出会うと後ろ向きになって針を逆立て、尾を震わせてカラカラと音をたてて威嚇する。

それでも敵がひるまないと、後ろ足で地面を叩いてさらに音を出し、攻撃するときは勢いよく後ろ向きで跳びかかっていく。
この攻撃方法はかなり有効で、大型の肉食動物でもヤマアラシを狙うことは避けると言われている。

尚、この針は毛が変化したもので、針は物に刺さると簡単に抜けるようになっていて、抜けた針はすぐに生えかわる。
針は見た目にもかなり硬く感じられるが、岩などの硬いものに触れ合う時にも音がするほどである。

妊娠期間は90~110日程で、1産1~3子、ふつうは2子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は400~500g程で、野生での寿命は10~15年程度、飼育下では20年程度と言われているが、27年を生きたものが知られている。

また、マレーヤマアラシには次の亜種が知られているが、これら以外にも幾つかの亜種があるとも考えられている
  ・Hystrix brachyura brachyura
  ・H. b. hodgsoni
  ・H. b. longicauda
  ・H. b. mulleri
  ・H. b. yunnanensis

現在のところ絶滅の恐れはないとされているが、地域によっては肉を目的とした狩猟が行われている他、農地などの拡大による生息地の減少が心配されている。

この他、、本種はアジアやアフリカに分布しているヤマアラシ科に属しているが、ヤマアラシの仲間の中には南北アメリカ大陸に分布しているアメリカヤマアラシ科に属するものも知られている。
しかし、両科の間に近縁な関係があるわけではなく、互いの分類学的系統はそれぞれ独立したものであることが確認されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、マレーヤマアラシ 1動物図鑑、マレーヤマアラシ 2動物図鑑、マレーヤマアラシ 3動物図鑑、マレーヤマアラシ 4動物図鑑、マレーヤマアラシ 5動物図鑑、マレーヤマアラシ 6