動物図鑑・シマクサマウス

シマクサマウス さんのプロフィール



動物図鑑・シマクサマウス

シマクサマウス

齧歯目 ネズミ科
学 名 Lemniscomys barbarus
英 名 Barbary striped grass mouse
分布域 モロッコやアルジェリア、チュニジアなど
生息環境 サバンナや草原、低木林など
体 長 8~12cm 程度
尾 長 10~15cm 程度
体 重 22~48g 程度

シマクサマウスはモロッコ、アルジェリア、チュニジアなどの沿岸域に分布しているネズミの仲間で、幾つかの集団がアトラス山脈北西部などに生息している。

毛色は茶色を帯びたようなクリーム色や明るい茶色のような感じで、背側には暗色の筋が何本か見られる。
また、体重は平均すると30g程で、腹面は白く、尾にはほとんど毛が生えていない。

標高1000m位までのサバンナや草原、砂丘や低木林などに生息しているが、草が茂っている所に多く見られ、耕作地などにも生息している。

夜間に活動すると言われているが、シマクサマウスは昼間も活動し、特に早朝と夕暮れには活発に動きまわる。
また、小さな群れが観察されているが、多くは、繁殖期以外は単独で生活していると考えられている。

巣は、地表近くに草や葉を使って球形ものをつくり、巣の周りには餌場への通路がつくられている。
主に草類や木の葉、木の根や種子、果実などを食べるが、昆虫なども食べることがある。

繁殖は雨季に見られ、3週間ほどの妊娠期間の後、1産1~12子、平均して5~6子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は3g程で、生後1週間ほどで目が開く。
雌は8週間、雄は10週間程で性成熟するが、親と同じ大きさに成長するには5ヵ月程かかる。

外敵は猛禽類や大型のヘビなどの他、マングースやジャッカル、チーターなどで、危険を感じると他の動物が掘った穴などへ逃げ込むが、背中の模様は保護色の役目を果たしているとも考えられている。
寿命は飼育下で3~4年程度、野生では6ヶ月を超えることが知られている。

尚、シマクサマウスは繁殖も容易で、現在のところ絶滅の恐れはないとされている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、シマクサマウス 1