動物図鑑・ニホンイノシシ

ニホンイノシシ さんのプロフィール



動物図鑑・ニホンイノシシ

ニホンイノシシ

偶蹄目 イノシシ科
学 名 Sus scrofa leucomystax
英 名 Japanese wild boar
分布域 本州、四国、九州
生息環境 森林や雑木林など
体 長 100~170cm 程度
尾 長 20~30cm 程度
体 重 75~180kg 程度

イノシシの仲間はユーラシア大陸南部に広く分布しているが、ニホンイノシシは本州、四国、九州に分布し、淡路島や小豆島にも分布している。

毛は粗く、毛色は茶色や茶褐色、黒褐色をしているが、希に白色のものも見られる。
鼻面は直線的に突き出した感じで、鼻先は鼻鏡と呼ばれ、平たくて丸い。

体はがっしりとしていて、筋肉がよく発達し、力も強い。
また、体は細くて、全体がくさび型をしており、森林や藪を駆け抜けるのに都合のよい体つきをしている。

四肢にはいずれも4本の指あり、ふたつの蹄を持つ。
雌雄共に犬歯が発達しているが、雄では特に長く、強力な牙になっている。
この牙は終生伸び続け、長いものだと15cm程にもなり、顎の力も強い。
また、体は雄の方が大きく、大きいものだと体重が200kgを超えるものもいる。

食性は植物質を主に食べる雑食性で、クズやカヤ、ヤマイモやタケノコ、マメ類、カシなどの木の実のほか、ミミズやカエル、ヘビ、トカゲ、ノウサギなどの動物質も少しは食べる。
また、他の偶蹄類と違って胃は単純で、反芻はしない。

ニホンイノシシは標高2000m位までの山地の森林や雑木林、山裾の草原などに広く生息するが、イノシシは地面を掘って地中の地下茎などを食べる為、従来は北陸地方や北信地方のなどの多雪地帯には生息しないとされてきた。
しかし、温暖化などの影響もあって、近年では福井県の山間部や長野市、須坂市などでも姿が見られ、宮城県南部が北限とされていた分布域も北上傾向にあり、分布域を広げている。

また、ニホンイノシシは農耕地にも現れて農作物に被害を与えたりするが、近年では生息地の減少による食糧不足などのため、市街地でも姿が見られるような地域もあり、人が襲われるような被害も報告されている。

元来は慎重な行動をする動物で、人との接触が多いようなところでは、しばしば夜行性になる。
性質も神経質で、普段見慣れないものなどに出会うと避けようとするが、無闇に近づいたりすると、人に向かってくることがある。
走るのも速く、「猪突猛進」などと言われているように、イノシシの突進力は強力で、力が強いうえ犬歯も鋭いため、不注意に近寄ったりするのは危険である。

ニホンイノシシは「沼田場(ヌタバ)」と呼ばれる湧水地のぬかるみで泥浴びをする習性があるが、これは寄生虫のダニをとったり、体温調整をするためと考えられている。
また、泥浴びのあとは木に体をこすり付けたりするため、周囲の様子から生息地を確認することが出来る。

成熟した雄は単独で暮らすが、雌はその子どもと共に家族単位の群れをなして生活している。
繁殖期は年1回(希に年2回)、1産3~12子で、ふつうは4~5子を出産する。
子どもはウリボウとよばれ、生後半年くらいまでは、バクの子どものように体に縞がある。
寿命は飼育下で15~20年程度、野生では6~10年程度と考えられている。

ニホンイノシシはシカなどと共に古くから狩猟の対象にされてきたが、食用として広く流通することはない。

現在は狩猟のほか害獣として駆除されたりすることから、生息数が減少している地域もあるが、生息域を広げている地域も見られる。
また、国内にはニホンイノシシのほか、奄美諸島や沖縄諸島などの島嶼部に分布しているリュウキュウイノシシがいるが、リュウキュウイノシシでは全体に生息数が減少している。

右下の写真は白変種。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、ニホンイノシシ 1動物図鑑、ニホンイノシシ 2動物図鑑、ニホンイノシシ 3動物図鑑、ニホンイノシシ 4