動物図鑑・キリン

キリン さんのプロフィール



動物図鑑・キリン

キリン

偶蹄目 キリン科
学 名 Giraffa camelopardalis
英 名 Giraffe
分布域 サハラ砂漠より南のアフリカ
生息環境 サバンナや乾燥した草原地帯など
体 長 4.5~6m 程度
尾 長 75~100cm 程度
体 重 800~1200kg 程度
 IUCNによる保存状況評価 / 一部の種は絶滅危惧種

キリンの仲間は全てアフリカ大陸に分布していて、地上でもっとも背の高い動物としてよく知られている。
 ( * 但し、ふつう「キリン」と言えば、キリン科のキリン亜科に属している首の長いキリンを指しているが、キリン科には背の低いオカピが属しているオカピ亜科も含まれていて、広い意味では偶蹄目キリン科を指すこともある。)

ゾウサイカバと並ぶ大型の草食獣で、平均した頭頂高は4.5~6m、体高2.2~3.4m、体重は800~1200kg、大きいものでは体重が1600kgを超えるものも見られる。

キリン属の仲間はサハラ砂漠より南に分布しているが、多くはチャドやニジェールなどのアフリカ中央部、エチオピアやソマリアからタンザニアなどのアフリカ東部、ナミビアやボツワナ、南アフリカ共和国などのアフリカ南部に分布していて、その範囲は連続していない。

体は雄の方が大きいが、雌雄共に淡褐色や黄褐色の地に、暗褐色や赤褐色などのはっきりとした多数の斑があり、全体には網目模様のように見える。
この斑の大きさや形、色合いなどは種や固体などによって異なっているが、多くは腹面や四肢の内側は斑が薄く、下肢には見られないものなどいる。
また、尾にも模様があり、先には黒っぽい毛が生えている。

胴は短いが、四肢は首と同じように長く、体は肩の方が腰よりも高くなっている。
四肢は第2指と第3指があるだけで、ほかの指は完全に退化してしまっている。
また、首が長いことがキリンの特徴だが、首の骨(頚骨)は他の哺乳類と同じ7個しかない。

角は雌雄共に2本もっているが、シカの仲間ウシの仲間などのように鋭くはなく、長くもない。
この角は、全体が毛の生えた皮膚で覆われていて、先だけは角質化していて硬いものになっている。

また、キリンには頭頂にある角のほか、額の骨が突き出ていて、これが小さな前角のように見える。
固体によっては後頭部にも小さな突出した部分があり、これは後頭角と呼ばれている。

嗅覚や聴覚が優れているが、視覚も優れていて、キリンは色を見分けることが出来る。
鼻孔はラクダのように閉じることが出来るほか、高い位置にある脳に血液を送るため、心臓は大きく、10~12kg程の重さがある。
心拍数も150~170拍/分ほどで、人の60~90回/分に比べてかなり多い。
また、キリンは鳴くことが滅多にないが、ウシのような声をあげるほか、幾つかの鳴き声もあげることが知られている。

草原やサバンナ、開けた森林地帯などに生息しているが、乾燥した環境を好み、キリンの仲間は水源から離れたところでも見られる。
普通は10~20頭ほどの群れで生活しているが、時には70頭程の群れをつくることもある。

群れには強い社会性はなく、群れを構成しているメンバーはしばしば入れ替わることがある。
シマウマヌーなどと一緒にいることも多く、暑い日中は休んでいて、早朝や夕方に採食を行う。

草食性だが、キリンはふつう地面にある草類などは食べず、高い木の木の葉や小枝、果実などを食べる。
これによって、他の草食動物との食物的な競合を避けているが、採食するときは、口で直接食べるのではなく、40cm程もある長い舌を使って木の葉などを巻き取るようにして食べる。

1日に30~60kg程の植物を採食し、、主にアカシアの木の葉を好むが、60種類ほどの植物を食べると言われていて、季節によって様々な種類のものを食べている。
水分の多くは植物からとっていて、あまり水を飲まなくても過ごすことが出来るが、水を飲むときは、前肢を大きく広げて首を真っ直ぐ下ろし、やや膝を曲げるような格好で飲むようにする。
また、ミネラル補給の為、土や動物の骨など舐めることもするほか、胃は4室に分かれていて、休んでいる時は反芻をしている。

この他、飼育下では座って寝るようなことも多いが、野生ではふつう立ったままで眠っている。
外敵の心配がないような場合は座って眠ることもあるが、立ったまま長い首をアーチ状にして後足の方に回し、浅く眠る時は首を直立したままで眠っている。

外敵はライオンヒョウハイエナなどだが、主に幼獣や傷ついたものが狙われる。
成獣のキリンは体も大きく、後足の蹴りは強力で、時には相手を蹴り殺してしまうこともあり、滅多に襲われることはない。
また、キリンはゆっくりと走っているように見えるが、短時間なら50~60km/h程で走ることができる。

一夫多妻で、決まった繁殖期は見られないが、出産の多くは5~8月に見られる。
繁殖時期の雄は雌をめぐって争うが、この時は長い首を相手の体などに打ち付けるようにして争う。
妊娠期間は400~460日程で、1産1子、稀に2子を出産する。
出産は立ったままで行われ、生まれたばかりの子どもの体重は50~60kg程で、1.8~2m程の高さがある。

子どもは生後数時間ほどで走り回ることができ、雌雄共に12~16ヵ月程で完全に離乳する。
雌は4年、雄は4~5年程度で性成熟するが、実際の繁殖はこれよりも遅い。
飼育下での寿命は20~30年、野生ではこれよりも短く、10~15年程度と言われている。

尚、キリンの亜種については、意見が異なったり、幾つかの混乱なども見られるが、概ね次のような亜種が認められている。
また、体色や、体や四肢に見られる模様には個体差や季節変化もあるので、一部を省き、外見だけで判別するのは難しい。


ヌビアキリン (G.c.camelopardalis / Nubian giraffe)
南スーダンやエチオピア南西部、コンゴ北東部などに分布しているキリンで、雄の頭頂高は5.5m、体重は1500kg程度。
体にある模様は比較的はっきりとしているが、腹部や足の裏側は薄い。
詳しい生息数などは分かっていないが、個体数は少ないと言われている。

アミメキリン (G.c.reticulata / Reticulated giraffe)
体に見られる網目模様ははっきりとしていて、ケニアやエチオピア南部、ソマリアなどに分布している。
ソマリアキリンと呼ばれることもあり、雄の頭頂高4.5~5.2m、体重800~1500kg程で、国内の動物園ではもっともよく見られる。
マサイキリン (G.c.tippelskirchi / Masai giraffe)
キリマンジャロキリンと呼ばれるキリンで、タンザニアやケニア中部のや南部に分布している。
体にある斑紋は不規則な星型で色も薄く、アミメキリンのようなはっきりとした模様にはなっていない。
体はアミメキリンよりは大きく、雄の高さはで5.5~6m、1000~1900kg程の体重がある。
アンゴラキリン (G.c.angolensis / Angolan giraffe・Namibian giraffe)
ナミビア北部やザンビア南西部、ボツワナやジンバブエ西部などに分布しているキリンで、別名・ナミビアキリンと呼ばれることもある。
頭頂高4.3~5.2m、体重800~1200程度で、腹部や四肢の先にも模様が見られるが、体にある模様はアミメキリンよりは小さく、縞もやや太くてはっきりとはしていない。
ウガンダキリン
 (G.c.rothschildi / Rothschild's giraffe・Baringo giraffe.・Ugandan giraffe)
英名ではロスチャイルドキリン、バリンゴキリンとも呼ばれ、ウガンダやケニアなどに分布している。
ほかのキリンよりも背が高く、頭頂高は6m程になると言われている。
体の模様はマサイキリンに似ているが、体色は全体に淡く、下肢には模様が見られない。
また、体の模様はマサイキリンほどギザギザとした感じはない。、
生息数はかなり少ないと言われていて、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。
ケープキリン (G.c.giraffa / South African giraffe)
南アフリカ共和国北部やボツワナ南部、ジンバブエ南部やモザンビーク南西部などに分布している。
体の模様はウガンダキリンやマサイキリンに似ているが、下肢にも模様が見られる。
コルドファンキリン (G.c.antiquorum / Kordofan giraffe)
チャド南部や中央アフリカ共和国、カメルーン北部やコンゴ民主共和国北西部などに分布していて、体重は800~1500kg程度。
体の模様はマサイキリンに似ているが、ふつうは腹部は淡いか模様がなく、四肢の内側や下肢には模様がない。
ローデシアキリン (G.c.thornicrofti / Rhodesian giraffe)
ザンビア東部のルアングアバレーに生息しているキリンで、体の模様はマサイキリンに似ているが、模様の大きさはより小さい。
ふつう腹部は淡いが、上肢にも模様があり、内側も淡い模様が見られる。
ナイジェリアキリン
 (G.c.peraltae / West African giraffe・Niger giraffe・Nigerian giraffe)
ナイジェリア南西部に分布しているキリンの仲間で、頭頂高は4.8~6.7m程度で、体の模様はローデシアキリンに似ている。
分布域が限られているうえ、生息数が少なく、IUCNでは絶滅危惧種(EN)に指定している。

現在のところ、キリンの仲間の多くは絶滅の恐れはないとされているが、耕作地の拡大などによる生息地の減少が心配されている他、一部の地域では肉や皮を目的とした狩猟も行われている。

尚、キリンが日本に最初に紹介されたのは、明治40年、上野動物園に来たものだと言われている。
また、学名の「giraffe」はアラビア語の「速く走るもの」と「品のある動物」という語から転化したもので、「camelopardalis」はラテン語で「ヒョウ模様のラクダ」という意味を指している。


*写真はいずれもアミメキリン




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、キリン 1動物図鑑、キリン 2動物図鑑、キリン 3動物図鑑、キリン 4動物図鑑、キリン 5動物図鑑、キリン 6動物図鑑、キリン 7動物図鑑、キリン 8動物図鑑、キリン 9動物図鑑、キリン 10動物図鑑、キリン 11動物図鑑、キリン 12動物図鑑、キリン 13動物図鑑、キリン 14