動物図鑑・ラクダ

ラクダ さんのプロフィール



動物図鑑・ラクダ

ラクダ

偶蹄目 ラクダ科
学 名 Camelus
英 名 Camel
分布域 モンゴルからインドを経て中央アジア、アラビア半島、北アフリカなど
生息環境 砂漠地帯や乾燥したステップ地帯など
体 長 2.5~3m 程度
尾 長 50cm 程度
体 重 300~650kg 程度
 IUCNによる保存状況評価 / 種によっては絶滅危惧種

「ラクダ」は、ラクダ科の中でも背中にコブをもっているラクダ属(以下ラクダ)を指す一般的な呼称で、現存するものでは2種が知られている。

アジアが原産で、体色は所謂キャメル色で、首は長く、四肢も細くて長い。
2本の指をもっていて、蹄は小さいが、角質化した大きな蹠球(しょきゅう/足裏の出っ張り)をもっている。
この蹠球は座布団のような役割をしていて、地面につく足裏の面積を大きくしている。

いずれも砂漠地帯や荒れた乾燥地帯やステップなどに生息しているが、まつ毛は長く、鼻孔は自由に閉じることができ、砂塵などが入ることを防いでいる。
膝にはたこが見られ、硬い地面に座ることにも適しているほか、大きな蹠球も砂に足が沈まないように助けている。

草食性で、草類や木の葉などを食べるが、胃は四室に分かれていて反芻を行う。
また、ラクダの上唇はウサギのようにふたつに分かれていて、反芻するときには下顎を左右に動かして行う特徴がある。

水は暑さの厳しい砂漠地帯でも数日程は飲まずに過ごすことができるが、背中のコブは脂肪が詰まっていて、水の貯蔵とは関係がない。
しかし、水は一度に80~130リットル程も飲むことができ、他の哺乳類とは違い、血液中にも多くの水を吸収する事ができる特徴をもっている。
また、発汗や尿の排出は抑えられ、乾燥した糞を排出するなど、ラクダは体温調整をうまく行っていて、乾燥した砂漠地帯などでの生活に適応した体をしている。

持久力や耐久力もあり、重い荷物を乗せて長距離を移動できるほか、ゆっくり走っているように見えるが、時速にすると40km程の速さで駆けることができ、短い距離なら60km/h程の速度でかけることができると言われている。
(しかし、ラクダは交互に同じ側の足を出して歩く側対歩であるため、ウマなどと比べると乗り心地は悪い)

この為、ラクダは古くから大切な家畜として利用されていて、現在でも多くは砂漠地帯などでの荷物の運搬用に使役されているが、乳用や肉は食用に利用されるほか、皮や被毛なども利用されている。

妊娠期間は13~15ヵ月程で、1産1~2子、子どもは生まれたその日に歩くことができる。

ヒトコブラクダ (Camelus dromedarius)
体長は3m、体重は300~600kg程で、背中にはひとつのコブをもっている。
南アジアから西アジアが原産で、インド西部から中央アジア、イランなどの西アジア全域、アラビア半島や北アフリカ、東アフリカなどに分布している。
紀元前2000年、或いは紀元前1300年や紀元前4000年などとも言われている古い時代に、既にアラビア半島やソマリアなどで、乳や肉をとるために家畜化されていたとも言われている。
この為、現在生息している全てのヒトコブラクダは家畜種と考えられていて、国際自然保護連合(IUCN)では野生絶滅種として指定している。
また、ヒトコブラクダはオーストラリア中央部の砂漠地帯に多くの数が生息しているが、こられもかつて移入されたものが逃げ出して再野生化したものとされている。
寿命は飼育下で40~50年程と言われている。
フタコブラクダ (Camelus ferus)
体長は2.5~3m、体重は350~650kg程で、家畜種の方が体が大きい。
背中にはふたつのコブをもっていて、トルコより東のイランやカスピ海沿岸、中央アジアや新疆ウイグル自治区、モンゴル高原などに分布し、中央アジアが原産と言われている。
紀元前2,000~1,800年頃には既に家畜化されていたと考えられているため、以前は野生種はいないとも言われ、学名はCamelus bactrianusとされていたが、その後、19世紀後半に中央アジアで野生の個体群が発見され、Camelus ferusの学名が与えられている。
尚、家畜種と野生種を区別しない場合はC.ferusと記述され、C.bactrianusはC.ferusのシノニム(同義語)とされている。
また、飼育下での寿命は20~40年近くと言われているが、フタコブラクダの野生種の生息数は少なく、IUCNでは絶滅危惧種として指定している。

この他、広義の「ラクダ」は南アメリカに分布しているラマ属とビクーナ属を含めたラクダ科の動物の総称としても用いられることがあるが、南アメリカに分布しているものは、現在4種が知られている。

いずれも背中にコブはもっていないが、口先はやわらかくて、上唇はウサギのようにふたつに分かれているほか、胃は四室に分かれていて反芻することなど、アジア・アフリカに分布しているラクダ属と多くの共通点が見られる。

ラマ (リャマ・Lama glama)
体長1.2~2.5m、体重70~150kg程度で、毛色は茶色、黒色、白色、まだら色などさまざま。
アメリカラクダとも呼ばれていて、野生種はいない。
グアナコ (Lama guanicoe)
体長1.2~1.8m、体重50~100kg程度で、毛色は淡い茶色で、腹部は白っぽい。
前肢の内側にはたこが見られる。
ビクーナ (ビクーニャ・Vicugna vicugna)
体長1.3~1.9m、体重35~65kg程度で、羊毛状の長い毛をもっている。
毛色は赤みを帯びた黄色や赤茶色などで、腹部は白っぽい。
前肢にたこは見られないが、前胸部には20~30cm程の長い毛がある。
アルパカ (Vicugna pacos)
体長1.2~2.2m、体重50~75kg程度で、長い被毛をもっている。
毛色は黒色のほか白色や茶色、灰色など多くの変化がある。

全て標高の高いアンデス地方に生息しているが、ラクダ属と同様古くから家畜化されていて、食用のほか、厳しい山岳地帯の運搬手段などにも利用されている。
 特に被毛は繊維やロープなどに利用され、アルパカやビクーナの毛はウールの中でも高級なものとされている

*写真右下3枚はラマ、その上2枚はヒトコブラクダ、その他はフタコブラクダ




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、ラクダ 1動物図鑑、ラクダ 2動物図鑑、ラクダ 3動物図鑑、ラクダ 4動物図鑑、ラクダ 5動物図鑑、ラクダ 6動物図鑑、ラクダ 7動物図鑑、ラクダ 8動物図鑑、ラクダ 9動物図鑑、ラクダ 10動物図鑑、ラクダ 11