動物図鑑・アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウ さんのプロフィール



動物図鑑・アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウ

偶蹄目 ウシ科
学 名 Syncerus caffer
英 名 African Buffalo
分布域 サハラ砂漠以南のアフリカ
生息環境 草原や森林地帯など
体 長 1.7~3.4m 程度
尾 長 75~110cm 程度
体 重 300~900kg 程度

アフリカスイギュウはサハラ砂漠より南のアフリカ大陸に広く分布していて、サバンナや開けた草原、湿地帯や森林地帯などのほか、山地の草原や森林などにも生息していて、標高3,000~4,000m位のところでも姿が見られる。

体色は茶色や黒褐色、黒色などをしているが、いくつかの亜種が知られていて、体の大きさには大きな差が見られる。

一般に、サバンナや開けた草原などに生息しているものは体が大きく、基亜種であるケープバッファロー(S.c.caffer)と呼ばれているものの大きい雄では、体重は900kg程にも達するが、森林地帯などに生息しているシンリンバッファロー(S.c.nanus)と呼ばれているものは体が小さく、平均体重は270kg程しかない。

また、サバンナなどに生息しているものの体色は黒色や濃褐色をしているが、森林地帯に生息しているものは赤味を帯びている。
しかし、いずれも体は見るからにがっしりとしていて、力も極めて強い。

角は雌雄ともに特徴的な反り返った角をもっているが、この角は、根元では左右がほとんど引っ付きそうなくらい接近していて、太さもとても太い。
角の長さはアジアに生息するスイギュウよりは一般に短いが、それでも長さが1mを超えるものもいる。

ほかのウシ科の仲間のように、アフリカスイギュウは群れをつくって生活しているが、開けた草原などに生息しているものは大きな群れつくり、普通は数百頭の群れを年とった雄のリーダーが率いているとされている。
この群れは、時には1,000頭を超えることもあるが、森林地帯に生息しているものの群れは小さく、平均すると12頭程度と言われている。

早朝や夕暮れに草類などを採食するが、日中は暑さを避けて休んでいることが多く、夜間には反芻をしている。
また、水辺の近くを好み、水は毎日飲むほか、昼間は泥浴びなどをして時間を過ごしていることも多い。
この泥浴びは、サイなどと同じように、体熱や体の乾燥を避けるための他、寄生虫などから皮膚を守るために行うと考えられている。

力が強いため、アフリカスイギュウの天敵はライオンだけだと言われているが、アフリカスイギュウは気も荒いため、成獣を倒すことはライオンでもかなり難しいと言われている。
しかし、幼獣や単独でいるものなどは、チーターヒョウハイエナなどに襲われることがあるほか、ナイルワニは成獣のアフリカスイギュウを倒すことが知られている。

決まった繁殖期は見られないが、交配の多くは雨季の間に見られる。
妊娠期間は340日程と長く、ふつうは1産1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は40kg程で、1年程で完全に離乳する。
雄は2年程で独立していくが、雌は母親の次の出産までは、そのまま留まっている。

雌は4年程で性成熟するが、雄はそれよりも少し遅い。
野生での寿命は16~18年程度と言われているが、飼育下では25年を超えたものが知られている。

 このほか、アフリカスイギュウは気性の荒さからアジアスイギュウのように家畜として飼育されたことがないほか、走る速度は57km/h程に達すると言われている



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、アフリカスイギュウ 1動物図鑑、アフリカスイギュウ 2動物図鑑、アフリカスイギュウ 3