動物図鑑・ゴールデンターキン

ゴールデンターキン さんのプロフィール



動物図鑑・ゴールデンターキン

ゴールデンターキン

偶蹄目 ウシ科
学 名 Budorcas taxicolor bedfordi
英 名 Golden Takin
分布域 中国
生息環境 高山地帯
体 長 170~220cm 程度
尾 長 15~20cm 程度
体 重 230~300kg程度
 IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (VU)

ターキンの仲間はチベットやブータン、ビルマ北部、中国の四川省などに分布しているが、ゴールデンターキンは、中国陝西省南部の一部に生息している。

角は雌雄ともにあり、根元は太くてスイギュウの角に似ているが、最初は外側に向かい、それから後方に向かって伸びる特異な形をしている。

毛色は、名前のように全身がオレンジ色を帯びたような黄色や金白色をしている。
また、体は雄の方が大きいが、雌雄共に全体にがっしりとした感じで、四肢は短く、蹄は大きい。

ゴールデンターキンは、標高2,500~4,000m程の草に覆われた岩の多い高山や谷の森林地帯などに生息しているが、ササやシャクナゲが密生しているようなところを好んで生息していることが多い。

ターキンの仲間は群れをつくって生活しているが、ゴールデンターキンも群れをつくって生活している。
この群れは、夏季にはその数が多く、時には300頭程の数になることがあると言われているが、餌の少なくなる冬になると群れの数は少なくなり、20頭くらいまでの小さな群れになる。
また、年老いた雄はふつうは単独で生活しているほか、冬季には標高の低いところに降りてくる。

早朝や夕方に活発に菜食し、主に木の葉や草、ハーブなどを食べるが、冬季には小枝なども食べる。
3m近い高さにある木の葉なども採食し、このような時には後足で立って食べることが観察されている。

繁殖期は7~8月頃で、妊娠期間7~8ヶ月で、1産1~2子、ふつうは1子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は5~7kg程度で、生後3日ほどで親のまわりについて歩くようになる。
2~2年半ほどで性成熟し、飼育下での寿命は15年を超えるものが知られている。

外敵はクマオオカミヒョウなどが挙げられるが、肉を目的とした狩猟や生息地の開発などで生息数は減少傾向にある。

分布域が限られているほか、元来の生息数も少なく、ゴールデンターキンはスーチョワンターキン(B.t.tibetana)とともに国際保護動物に指定されているが、現在、ターキンの仲間は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によっても、絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ゴールデンターキン 1動物図鑑、ゴールデンターキン 2動物図鑑、ゴールデンターキン 3動物図鑑、ゴールデンターキン 4