動物図鑑・ガウル(ガウア)

ガウル ( ガウア/インドガウル/インドヤギュウ)   さんのプロフィール



動物図鑑・ガウル

ガウル

( ガウア、インドガウル 、インドヤギュウ)
偶蹄目 ウシ科
学 名 Bos gaurus
英 名 Gaur
分布域 インドからインドシナ、マレー半島辺り
生息環境 高地の森林など
体 長 250~330cm 程度
体 高 80~100cm 程度
体 重 600~1,000kg 前後
 IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (VU)

ガウルはインドやネパール、バングラディシュからミャンマー、マレー半島などに分布し、別名をインドヤギュウとも呼ばれている。

雌は少しからだが小さいが、大きい雄は体重が1500kg近くになるものがいると言われており、エランドなど共に、ウシ科の中ではもっとも体が大きい。
スイギュウに比べてもかなりがっしりとした体つきをしていて、ガウルを間近で見るとその大きさに圧倒される。

体色は濃褐色、黒色、赤褐色などで、四肢の先は白い。
角は三日月型のものが雌雄ともにあり、長さは80cm近くになる。
また、ガウルの肩から背中にかけては盛り上がりがあるが、胴体の中ほどで低くなり、段になっているのが特徴的である。

標高1800メートル位までの常緑林や熱帯雨林などの高地の森林地帯に生息し、多い時で20~40頭程の群れで生活しているが、冬には数頭から10頭程の小さな群れになる。

ガウルは水がある近くを好み、早朝や夕方の涼しい時に採食する。
日中は日差しを避けて、森林の草地などで反芻などをして休んでいる。

鳴き声は家畜のウシに似ていて、主に草や木の葉などを食べるが、タケノコなども食べる。

危険を感じたりして逃げる時には、前足を揃えて地面をたたくようにするが、ガウルは実にクロサイほどの体を持っているので、外敵であるヒョウドールなども成獣を襲うことは殆どない。
また、子どもなどが襲われそうになると、成獣が周りを取り囲むようにしてこれを守るが、時にはヒョウよりも体が大きいトラやイリエワニによって成獣が倒されることもある。

ガウルは用心深く、向かってくるようなことはないが、傷を負ったり追い詰めたりすると、体が大きく、力が強いので危険である。

繁殖は一年を通して見られるが、出産は12~6月の間に多く見られる。
妊娠期間は275日前後で、ふつうは1産1子を出産する。
子どもは7~12ヵ月程は授乳され、3年程で性成熟し、飼育下での寿命は24年が記録されている。

また、家畜のガヤル (Gayal / Bos frontalis) はガウルを飼いならしたものといわれているが、ガウルは生息地の破壊や狩猟などにより数が激減し、現在では保護動物になっている。
ガウルの国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価は絶滅危惧種(VU)とされているが、更なる生息数の減少も心配されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ガウル 1動物図鑑、ガウル 2動物図鑑、ガウル 3動物図鑑、ガウル 4