動物図鑑・オグロヌー

オグロヌー (ウシカモシカ) さんのプロフィール



動物図鑑・オグロヌー

オグロヌー

偶蹄目 ウシ科
学 名 Connochaetes taurinus
英 名 Blinded gnu / Blue wildebeest
分布域 アフリカ南東部など
生息環境 木の少ない低木地帯など
体 長 150-240cm 程度
尾 長 50~90cm 程度
体 重 120~290kg 程度

オグロヌーはウシ科の動物で、アフリカのケニアからタンザニア、モザンビーク、ジンバブエを経て、ザンビアやアンゴラ、南アフリカ共和国にかけて分布している。
いくつかの亜種が知られているが、多くはカラハリ砂漠を中心としたボツワナ、南アフリカ共和国北部、ナミビア西部、アンゴラやザンビア、モザンビーク、ジンバブエなどの南部に分布している。

体色は亜種によって少し異なるが、灰色や淡い褐色を帯びたような灰色で、顔の前面は黒い。
肩や背中には黒っぽい縞模様があり、四肢にも薄っすらとした暗色の縞が見られる。

また、喉から胸にかけては白くて長い毛が見られ、タテガミや尾の先の毛は黒っぽい。
角は、雌雄共にアフリカスイギュウの様な湾曲した角をもっていて、長さは40~70cm程に伸びる。

オグロヌーは別名ウシカモシカなどとも呼ばれるが、全体としては特徴的な体つきをしていて、現地で はウシの角とヤギのヒゲ、ウマの尾を集めたようだと言われている。

草原地帯やサバンナなどに生息し、低地から標高1000m位のところにまで生息している。
シマウマキリンなど、ほかの草食動物と一緒にいることも多く、主に草類を食べるが、低木の木の葉なども食べる。
採食は主に早朝や夕方に行われ、日中は休んでいることが多いが、オグロヌーは基本的に昼夜共に活動する。

ふつうは5~10頭ほどの群れで生活しているが、時には100頭以上の大きな群れをつくっていることがある。
小さな群れでは複数の雌とその子どもを1頭の雄が率いているが、大きな群れでは複数の雄が群れを率いている。

また、オグロヌーは季節的な移動をすることが知られているが、乾季になるとほかの草食動物と同様、水や草を求めて大移動することがあり、時にはタンザニアからケニアの間を1500kmも移動すると言われ ている。

しかし、このような季節的な移動は生息地の環境によるもので、水や草があるところでは必ずしも移動することはなく、定住性の群れも見られるほか、ふつうは移動距離もそれ程長距離に及ぶことはない。

嗅覚に優れているほか、走るのも速く、オグロヌーは時速65km以上で駆けることが出来るといわれている。
外敵はライオンチーターハイエナなどで、外敵ガ迫ると角や足で土を蹴散らすようにして威嚇する。

一夫多妻で、繁殖期は雨季の直後に多く見られる。
妊娠期間は平均8ヵ月程で、1産1~2子、ふつうは1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は18~19kg程で、生後5~15分位で立つことが出来る。
授乳期間は8~9ヵ月程で、雌は早ければ16ヵ月、雄は24ヵ月程で繁殖が可能になる。

寿命は飼育下で24年の記録があるとされているが、野生下では20年かそれ以下と言われている。
現在のところ絶滅などは危惧されていないが、農地や牧場などの開発によって生息地が分断されたり減少していて、これに伴う影響が懸念されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、オグロヌー 1動物図鑑、オグロヌー 2動物図鑑、オグロヌー 3動物図鑑、オグロヌー 4動物図鑑、オグロヌー 5動物図鑑、オグロヌー 6