動物図鑑・シロイワヤギ

シロイワヤギ (シロカモシカ) さんのプロフィール



動物図鑑・シロイワヤギ

シロイワヤギ

偶蹄目 ウシ科
学 名 Oreamnos americanus
英 名 Rocky Mountain Goat / White goat
分布域 北アメリカ東北部
生息環境 山岳地帯
体 長 120~170cm 程度
体 高 90~120cm 程度
体 重 55~80kg 程度

シロイワヤギは北アメリカのロッキー山脈や海岸山脈、アラスカ山脈などの高地の山岳地帯に生息し、岩場と森林が境をなしているようなところで生活している。

体毛は四肢の先などを省いて羊毛状で長く、毛色は白色か黄白色をしている。

尾長は10~20cm程度で、雌雄ともに角があり、黒色で後方にのびている。
この角は雄の長いもので30cm程になり、雌では少し短い。

体は雄の方が大きく、ふつうは60~80kg程だが、大きいものでは140kg程になるものも見られる。
雌は少し小さく、概ね55~70kgの間ほどである。

また、ヤギの仲間にはあごひげが見られるが、シロイワヤギにも雌雄共にあごひげがある。
しかし、シロイワヤギは別名をシロカモシカとも呼ばれ、ヤギよりもニホンカモシカなど、カモシカの仲間に近いとされている。

主として山岳地帯の寒冷地を好んで生息しているが、アラスカなどでは雪の多い海岸地帯にも生息している。
山岳地帯で生活しているものは、冬期には標高の低いところに降りてくるが、夏期には3,500mもの高所まで登り、時には5000mものところにも姿を見せると言われている。

冬には大きな群れをつくるが、夏では雄はふつう単独で暮らし、雌は子どもなどと共に小さな群れをつくって生活している。
岩の多い地域から離れることはなく、がっしりとした体のわりには岩登りもうまい動物で、コケ類のほか、草や木の枝など、季節に合わせて様々なものを食べる。

水分はほとんど食物から取っているが、標高の低いところに降りてくる冬には、ミネラル補給の為の塩舐めをすることが知られている。
また、行動範囲は夏では23k㎡程と言われているが、冬にはかなり狭くなる。

シロイロヤギの外敵にはピューマが挙げられるが、ヒグマアメリカクロクマオオカミボブキャットなどにも襲われることがある。
しかし、最も危険なものは春先にら起こる雪崩だとも言われている。

繁殖期は10月下旬頃から1月上旬頃で、妊娠期間150~180日で、1産1~3子、ふつうは1子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は3.2kg程で、3~4ヶ月は授乳期間がある。
雌雄共に2年半程で性成熟し、野生での寿命は12~15年、飼育下での寿命は15~20年程度と言われている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、シロイワヤギ 1動物図鑑、シロイワヤギ 2動物図鑑、シロイワヤギ 3