動物図鑑・スイギュウ

スイギュウ (アジアスイギュウ) さんのプロフィール



動物図鑑・スイギュウ

スイギュウ (アジアスイギュウ)

偶蹄目 ウシ科
学 名 Bubalus arnee / Bubalus bubalis
英 名 Asiatic Water Buffalo
分布域 ネパールやインド、ブータンなど
生息環境 湖や沼のある草原など
体 長 2.4~3m 程度
尾 長 0.6~1m 程度
体 重 700~800kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

スイギュウは古くから家畜化されていることもありよく知られているが、自然分布する野生のものはインドやネパール、ブータン、タイの一部などに分布しているとされている。
家畜化されているものは分布域が広く、インドシナから中国、インドを経て地中海地方にまで分布しているほか、中南米の一部やオーストラリアなどにも移入分布している。

アフリカに分布しているアフリカスイギュウと区別する為に、アジアスイギュウ、或いはインドスイギュウなどとも呼ばれ、角は三日月型の大きなものを雌雄共にもっている。
この角はウシ科の中では最も大きい方で、平均して1m程の長さをもつ立派なもので、断面は三角形をしている。

体もウシ科の中では大きい方で、家畜種では250~550kg程度と言われているが、野生のものは雄で1000kg、雌で750kg程の重さになり、大きい雄では体重1200kg程のものも見られる。

成獣では被毛がほとんどなく、体色は灰色、灰黒色、黒色などをしているが、通常は泥を被っているので、体色を確認することは難しい。
また、しばしば喉に三日月状の白斑が見られたり、四肢の下部は白っぽかったりするが、個体差がある。

森林や背の高い草地などに生息しているが、名前のように、スイギュウは水に大きく依存した生活をしていて、河川周辺や湿地、沼地などの湿った環境を好み、森林や草地、川、沼などが入り混じったような環境に生息している。
また、一般に標高の低いところに多く生息しているが、ネパールでは標高2800m程の高地でも記録されている。

ふつうは1~2頭の雄と複数の雌や子どもからなる10~30頭程の群れで生活しているが、時に100頭程の大きな群れをつくることもある。
また、若い雄同士は、集まって10頭程の群れを形成している。

昼夜共に活動するが、日中は反芻などをして休んでいることが多く、早朝や夕方に採食することが多い。
食性は草食性で、草や木の葉、茎や樹皮、水生植物などを食べる。

また、昆虫などの害から皮膚を守るために、泥の中を転げたり、目と鼻だけを出して水中に全身を沈めたりする習性があるが、スイギュウは他のウシ科の動物に比べて熱に敏感で、体温調整の為にも泥の中に入ることを好む傾向がある。
泥の中は水の中よりも冷却効果が高いことから、好んで泥の中に入るが、この為に体色は常に泥の色が混ざっている。

一夫多妻で、決まった繁殖期は見られないが、繁殖は雨季の後に見られることが多い。
妊娠期間は300~340日程と長く、1産1~2子、ふつうは1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は35~40kg程度で、6~9ヵ月程は授乳期間がある。
雌は1年半程で性成熟し、その後も母親のグループの中に留まるが、雄は3年程で性成熟し、グループから離れていく。

スイギュウは体も大きく力も強い為、外敵はほとんど見られず、唯一の外敵であるベンガルトラも、うかつに成獣を襲うようなことはしない。
野生下での寿命は12~18年、飼育下での寿命は25~30年程度と考えられている。

スイギュウはおよそ5000年程前から家畜化されていたと言われているが、家畜としてのスイギュウは極めて有益で、現在でもアジア各地などで農耕や荷物の運搬などの使役に広く役立っている他、乳を摂ったり、肉や革、角なども利用されている。

しかし、自然分布する野生のスイギュウは、開発による生息地の減少などによって生息数が激減している。
現在、野生のアジアスイギュウは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって絶滅危惧種(EN)としてレッドリストに指定されているが、家畜種との交雑も起こっている。
また、オーストラリアなどでは飼われていたものが遺棄されたり逃げ出したりして、これらが再野生化している問題なども挙げられている。

尚、スイギュウはかつて東はマレー半島からインドシナ、西はインド中央部からネパール南部にかけて分布していたと考えられているが、スイギュウは家畜としての歴史が古いこともあって、現在自然分布するとされている野生の水牛が元来の野生種か、ヒトコブラクダのように野生種は既に絶滅していて、家畜のものが再野生化したものであるのかなど、詳しいことは分かっていない。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、スイギュウ 1動物図鑑、スイギュウ 2動物図鑑、スイギュウ 3動物図鑑、スイギュウ 4動物図鑑、スイギュウ 5動物図鑑、スイギュウ 6動物図鑑、スイギュウ 7動物図鑑、スイギュウ 8動物図鑑、スイギュウ 9