動物図鑑・シマヘビ

シマヘビ さんのプロフィール



動物図鑑・シマヘビ

シマヘビ

有鱗目・ナミヘビ科
学 名 Elaphe quadrivirgata
英 名 Japanese four-lined ratsnake / Japanese striped snake
分布域 北海道から本州、四国、九州
生息環境 森林や藪、草地や河川敷など
全 長 1~1.5m 程度
体 重

シマヘビは日本の固有種で、同科のアオダイショウなどともに、もっとも身近なヘビとして知られている。
琉球諸島を除く日本全土に広く分布していて、農村部ではふつうに見られる。

体色は淡い黄褐色や淡褐色などで、名前のように、背側にはふつう4本の暗色の縦縞があるが、子どもは赤味を帯びていて、縦縞ではなく、暗色の横帯がある。
腹側は黄色っぽいが、体色や縞などには変化があり、縦縞の見られないものや、時に、カラスヘビなどと呼ばれている真っ黒な固体も見られ、腹側がやや赤味がかっているものもいる。

また、アオダイショウには白色変異の個体が見られるが、シマヘビも、稀に白いものが見られる。
大きいものでは2m程に成長するが、北のものは比較的小さく、80~100cm程のものが多いと言われている。

一見するとアオダイショウと似た感じがするが、体色が違っているほか、アオダイショウの目は黒っぽいが、シマヘビの目は赤っぽい(但し、黒色変種のものは、目も黒い)などの違いがある。
また、シマヘビの鱗は体の割には大きく、体中央部の体鱗は19列で、アオダイショウの23~25よりも少なくなっている。

シマヘビは、森林や藪、草地や二次林、河川敷など、平地から山地まで様々な環境に生息していて、都市近郊の水田や耕作地付近などでもよく見られる。
農村部ではふつうに見られるが、街中の神社や寺の境内などでも見られ、標高1700m程の高地にも生息している。

カエル類を好むことから、水田の近くではよく見られ、河川や小川、湖沼など、水辺の近くに多い。
泳ぎもうまく、木にも上るが、アオダイショウよりは地上性が強い。
動きは素早く、捕まえようとしても、山道などでは、まず捕まえることはできない。

シマヘビは日中に活動するが、朝方は体温を上げるため、しばらくの間は陽を浴びている。
また、気温が下がる冬季には、土の中に潜ったり、岩の下や樹洞などで、3~4ヶ月程のあいだは冬眠する。

カエルやトカゲ、ヘビ、昆虫や鳥、鳥の卵などのほか、ネズミなどの小型のげっ歯類などを食べるが、両生類や爬虫類を好むと言われている。
魚なども食べるが、シマヘビは共食いをすることも知られている。

ところで、シマヘビは無毒だが、気は荒い方で、脅かしたり危険を感じたりすると、顎が広がり、頭部は三角形になる。
尾を激しく振るわせて威嚇するが、歯は鋭く、噛まれると痛い。
また、歯には細菌が付いていることもあるので、消毒するなどしても痛みが残るようであれば、医師に診てもらうなどした方がよい。

繁殖期は地域によって差があるが、4~6月頃に見られ、この時期の雄は、雌をめぐって互いに体を絡みつけて争う様子が観察される。

雌は7~8月頃に4~15個程の卵を産むが、卵は、岩や木の根の隙間、土の中や落葉の下などに産み落とされ、卵は1ヶ月半から2ヶ月程で孵化する。

生まれたばかりの子どもは全長20cm程度で、野生での寿命は詳しく分からないが、飼育下では10~12年程の寿命がある。
外敵はワシなどの猛禽類やタヌキキツネイノシシなどのほか、子どもはヘビに襲われることもある。

シマヘビは国内に広く分布していて、絶滅の恐れなどはないが、近年の宅地化や市街化などによって水田や耕作地が減少し、都市部や周辺地域ではほとんど見られなくなっている。
自治体によっては、平野部や丘陵地での生息数が減少していて、要注意種に指定している。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、シマヘビ 1動物図鑑、シマヘビ 2動物図鑑、シマヘビ 3動物図鑑、シマヘビ 4動物図鑑、シマヘビ 5動物図鑑、シマヘビ 6