動物図鑑・ビルマホシガメ

ビルマホシガメ さんのプロフィール



動物図鑑・ビルマホシガメ

ビルマホシガメ

カメ目・リクガメ科
学 名 Geochelone platynota / Testudo platynota
英 名 Burmese starred tortoise
分布域 ミャンマー中央部
生息環境 落葉樹林や草原など
甲 長 20~30cm
体 重 5kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (CR)

ビルマホシガメ(Geochelone platynota)は、ミャンマー(旧ビルマ)中央部に分布しているリクガメの仲間で、ホウシャガメと並び、最も美しいカメのひとつとされている。

背甲はドーム状で、やや細長く、頭部や四肢は鱗で覆われている。
甲頂部は平坦で滑らかだが、飼育下のものは、甲板ごとに盛り上がっているものも見られる。
また、体は雌の方が雄よりも大きくなる傾向があるが、尾は雄の方が長くて太い。

体色は、背甲は黒色や暗褐色で、椎甲板や肋甲板には黄色や黄褐色などの放射線状の模様がある。
この放射状の斑が星の形に見えることから名前が付けられていて、多くは6本の縞があるが、甲板や固体によっては5~8本の縞がある。

縁甲板にも、「V」字状に見える黄色や黄褐色の模様があるが、腹側の甲羅は黄褐色や灰褐色で、黒や暗褐色の斑がある。
また、頭部や四肢、尾などは黄色や黄褐色、明るいオレンジ色などで、小さな黒色の斑が不規則に見られる。

インドホシガメ(Geochelone elegans)とはよく似ていて、以前はインドホシガメの亜種ともされていたが、四肢の斑が少ないことや背甲がやや細長いことなどから、現在は別種とされている。

ビルマホシガメの詳しい生態などは分かっていないが、昼間に活動し、特に朝と夕方には活発に活動する。
乾燥した地域の落葉樹林や草原などに生息していて、草類やその他の植物、果実やキノコなどのほか、カタツムリや昆虫類なども食べるとされている。

10~2月の終わり頃にかけて産卵し、6~9月頃に孵化した子どもが現れる。
飼育下では平均して4~5個の卵を産むが、年に2回産卵することもある。

ビルマホシガメは、かつてはミャンマーに広く分布していた普通種で、食用に利用されたり、甲羅は器などにも利用されていたが、乱獲や生息地の開発などによって生息数が激減している。

現在、ビルマホシガメは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種(CR)に指定されていて、原産国のミャンマーでも輸出が禁止されているほか、採取も禁止されている。
しかし、ミャンマーでは飼育下での繁殖なども行われているが、きれいなカメであることから密猟も後を絶たず、更なる保護が求められている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ビルマホシガメ 1動物図鑑、ビルマホシガメ 2