動物図鑑・スナオオトカゲ (グールドオオトカゲ)

スナオオトカゲ (グールドオオトカゲ) さんのプロフィール



動物図鑑・スナオオトカゲ

スナオオトカゲ (グールドオオトカゲ)

有鱗目・オオトカゲ科
学 名 Varanus gouldi
英 名 Sand goanna / Gould's monitor / Sand monitor / Racehorse goanna
分布域 オーストラリア
生息環境 森林から砂漠地帯まで
全 長 140~150cm 程度
体 重 6kg 程度

スナオオトカゲは、オーストラリアに分布する大型のトカゲで、英名のまま「グールドオオトカゲ」と呼ばれることもある。
ビクトリア州南部とニューサウスウェールズ南東部、タスマニア島などを除く、オーストラリア本土のほとんどの地域に分布している。

体は細長く、頭部も平らで細長い。
四肢は丈夫で、爪も鋭い。

体色は、背側は茶色や緑灰色、黒色などで、腹側は白色や黄色っぽく、淡色をしている。
背側や四肢には明色の斑が散在しているが、この斑の並びはリング模様のようにも見え、腹側には背側と同じ色の斑がある。
尾の先は白っぽい色をしているが、体色や斑には変化が多い。

スナオオトカゲ(グールドオオトカゲ)は沿岸部の森林地帯から内陸の砂漠地帯まで、様々な環境に適応して、広く生息している。
地上性のトカゲで、日中に活動し、夜間は倒木の下や岩の下などに穴を掘って休む。

昆虫類や爬虫類、鳥類やその卵などを食べるが、ネズミなどの小型の哺乳類や、時に腐肉なども食べる。
性質は荒く、外敵に出会うと、丈夫な尾を使って、相手を打つようなことをする。
また、後足と尾を使って立てあがり、威嚇するようなこともするが、この様子は周りを観察するようなときも見られる。

獲物は地上を歩き回って探すが、獲物を探しているときは、しばしば地面に鼻をつけ、長い舌を出したり引っ込めたりしている。
舌の感覚は地下にいる獲物を探し出すのに役立っていて、獲物を探し出したら、鋭い爪で掘り出して食べる。
また、歩くときは体を持ち上げ、尾の先が僅かに地面に付いているが、走るときには尾は完全に地面から離れている。
しかし、スナオオトカゲは地上性のトカゲだが、丈夫な四肢と爪を使って、木に登ることもできる。

繁殖は11~12月頃に見られ、数日間にわたって交尾が行われる。
産卵が近づいた雌は、シロアリの塚などに50~60cm程の穴を掘り、その奥に大きな部屋をつくり、10~17個程度の卵を産む。
生まれたばかりの子どもは全長25~30cm程で、成長は早い。
寿命は長く、飼育下では15~20年程と言われている。

現在、スナオオトカゲには次の2亜種が確認されている。
  ・Varanus gouldi gouldi
  ・Varanus gouldi flavirufus

このほか、スナオオトカゲは食用に利用されたりすることもあるが、現在のところ絶滅の危惧はないとされている。

尚、スナオオトカゲはニューギニアに分布するものとしばしば混同されることがあるが、ニューギニアに分布しているものは Varanus panoptes horni で、別種である。
また、Varanus panoptes(Argus monitor)は「ヒャクメオオトカゲ」と呼ばれているが、ウエスタンオーストラリア州の多くに分布する Varanus panoptes rubidus と、 ウエスタンオーストラリア州のキンバリーやアーネムランド半島、ヨーク岬半島などに分布している Varanus panoptes panoptes も、スナオオトカゲとは別種である。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、スナオオトカゲ 1動物図鑑、スナオオトカゲ 2動物図鑑、スナオオトカゲ 3動物図鑑、スナオオトカゲ 4動物図鑑、スナオオトカゲ 5動物図鑑、スナオオトカゲ 6動物図鑑、スナオオトカゲ 7動物図鑑、スナオオトカゲ 8