動物図鑑・コビトカイマン

コビトカイマン (キュビエムカシカイマン) さんのプロフィール



動物図鑑・コビトカイマン

コビトカイマン (キュビエムカシカイマン)

ワニ目・アリゲーター科
学 名 Paleosuchus palpebrosus
英 名 Musky caiman / Dwarf caiman / Cuvier's caiman / Smooth-fronted caiman
分布域 南アメリカ北東部
生息環境 森林を流れる河川や、湖沼周辺の氾濫原など
全 長 1.2~1.4m 程度
体 重 6~7kg 程度

コビトカイマンは、ブラジルカイマン(Paleosuchus trigonatus / Smooth-fronted caiman・Schneider's dwarf caiman)と共にコビトカイマン属を構成している小型のワニで、新大陸で見られるワニの中ではもっとも体が小さい。

ベネズエラからコロンビア、ペルーを経て、パラグアイ、ブラジルに至る南アメリカの北部、アンデス山脈の東に分布していて、アマゾン川やオリノコ川、パラナ川やパラグアイ川流域などで広く見られ、別名・キュビエムカシカイマンとも呼ばれる。

目は比較的大きく、吻は反りあがっている。
脊鱗板には目立つ隆起があり、尾部に見られる二列の鱗は小さいが、縦に突出している。

四肢の爪は鋭く、後肢には、小さいが水掻きがある。
また、首は比較的細く、ほとんどのカイマンの仲間は上顎に5つの前顎歯があるが、コビトカイマンには4本しかない。
体色は、背側は黒褐色で、腹側は淡い色をしているが、子どもは茶色っぽく、不規則な黒色の帯や斑が見られる。

コビトカイマンは淡水性のワニで、森林を流れる河川や、湖沼周辺の氾濫原などに生息している。
流れのないようなところでも見られるが、流れのある流水域を好む傾向がある。

また、夜間には水源からかなり離れたところまで移動することもあり、乾燥した土地を渡って、サバンナに見られる浸水後に残された一時的な池などで見られることもある。

他のワニ類よりも冷たい水に対して耐性があるとも言われていて、6℃の水温でも生存できるとされている。
その為、冷水を好む傾向があるとも言われているが、時に、岩の上などで日光浴をしていることもある。

主として夜行性で、ふつうは単独や雌雄のペアで見られる。
子どものうちは主に無脊椎動物を食べるが、オタマジャクシやカエル、甲殻類や水生昆虫なども食べる。
成長と共に魚類を多く食べるようになり、両生類や鳥類、甲殻類のほか、小型の哺乳類などもとらえるが、獲物はほとんどが丸呑みにされる。
しかし、性質はおとなしく、人を襲うようなことはない。

ところで、コビトカイマンはニシアフリカコビトワニヨウスコウワニなどと同様、ワニ類の中ではもっとも体が小さく、大きいものでも全長1.7m程のものしか記録されていない。
また、両種に比べると、体重は随分と軽い。
しかし、南アメリカの中央部に位置するパンタナル地域のものは、尾の先が失われていたため、鼻から排泄孔の長さ(1.1m程度)から推測すると、全長は2.1m程だとされている。

一夫多妻で、特に決まった繁殖期はなく、地域によって異なるとされている。
一般に、繁殖は年に1回行われ、乾季の終わりや雨季のはじまりに見られるが、飼育下では、年に2~3回繁殖することができると言われている。

雌は植物や泥で産卵用の巣をつくり、交配後4~5ヶ月で、一度に10~25個程の卵を産む。
卵は植物などで覆われ、およそ90日程で孵化するが、孵化がはじまると、雌は植物を取り除き、子どもが巣から出てくるのを助ける。

生まれたばかりの子どもは粘液に包まれていて、これが乾燥するまで、数日間は水へ入ることを遅らせることがあるが、孵化の性別は、孵卵時の巣の温度に左右され、低温では多くの雌が発生するのに対し、温度が高くなるほど、より多くの雄が生まれると言われている。

子どもは数週間の間は親と一緒に生活し、その後、独立していき、雌雄共に8年程で性成熟する。
しかし、性成熟は体の大きさによって左右され、完全に成熟するには10~15年程かかるとも考えられている。
また、詳しい寿命は分かっていないが、野生での寿命は20~40年程度、飼育下では20~60年程度と言われている。

外敵はジャガーやグリーンアナコンダなどが挙げられるが、子どもや卵は猛禽類やヘビ、アライグマなどの哺乳類などにも襲われることがある。

ワニ類の多くは皮革を目的とした狩猟が行われているが、コビトカイマンの皮はあまり利用されない。
一部では食用に利用されることがあるが、生息数は減少していない。
生息地の開発による脅威は心配されているが、分布域が広いこともあり、現在のところ、絶滅の恐れはないとされている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、コビトカイマン 1動物図鑑、コビトカイマン 2動物図鑑、コビトカイマン 3動物図鑑、コビトカイマン 4動物図鑑、コビトカイマン 5動物図鑑、コビトカイマン 6動物図鑑、コビトカイマン 7動物図鑑、コビトカイマン 8