動物図鑑・エジプトルーセットオオコウモリ

エジプトルーセットオオコウモリ (フルーツコウモリ) さんのプロフィール



動物図鑑・エジプトルーセットオオコウモリ

エジプトルーセットオオコウモリ

翼手目 オオコウモリ科
学 名 Rousettus aegyptiacus
英 名 Egyptian Rousette Bat / Egyptian Fruit Bat
分布域 アフリカやアラビア半島辺り
生息環境 主に森林地帯など
体 長 12~19cm 程度
尾 長 1~2cm 程度
体 重 80~170g 程度

エジプトルーセットオオコウモリはオオコウモリの中では体が小さく、翼開長は40~60cm程度と、インドオオコウモリと比べるとかなり小さい。

エジプトやエチオピアからタンザニア、南アフリカ、リベリアからガーナ、カメルーンからアンゴラなど、砂漠地帯や内陸部を省くアフリカ周辺部を取り囲むように分布している他、トルコ南部やイラン南部、オマーンやイエメン南部、サウジアラビア南東部などにも分布している。

毛色は褐色だが、しばしば灰色を帯びていて、雄は雌よりも体が大きい。

また、ルーセットオオコウモリの仲間は、唯一超音波を出して動き回るオオコウモリで、エジプトルーセットオオコウモリも超音波を発して位置を知ることが出来る。

森林地帯やサバンナなどに生息しているが、完全な夜行性で、夜遅くから活動をはじめる。
夜明け前にはねぐらに帰ってくるが、ねぐらは湿気のある暗い洞窟や廃墟などの建物の他、樹洞や岩の裂け目などで、眠る時は逆さまになって休む。

群れで生活し、時には数千頭ほどになることもあるが、生息地によっては20~40頭程度の小さい群れも見られる。
夜は群れがかたまって休むのが見られるが、これは体温保持の為であると考えられている。

エジプトルーセットオオコウモリは別名をフルーツコウモリとも呼ばれ、アンズやモモ、イチジク、リンゴ、バナナなどの果実を主に食べる。
このほか花や木の葉なども食べるが、果実を主に食べることから、果樹園などの農場主からは害獣として嫌われている。

エジプトルーセットオオコウモリは一年に1度か2度繁殖するが、繁殖は2~4月と8~10月に多く見られる。
妊娠期間は4ヵ月程で、1産1~2子、ふつうは1子を出産する。
子どもは生後2ヶ月を過ぎることには飛行することが出来るようになり、雌雄共に15ヵ月程で性成熟する。

外敵はヘビやフクロウなどの猛禽類で、野生での寿命は8~10年程度、飼育下では20年を超える。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、エジプトルーセットオオコウモリ 1動物図鑑、エジプトルーセットオオコウモリ 2動物図鑑、エジプトルーセットオオコウモリ 3動物図鑑、エジプトルーセットオオコウモリ 4