動物図鑑・コモンウーリーモンキー

コモンウーリーモンキー さんのプロフィール



動物図鑑・コモンウーリーモンキー

コモンウーリーモンキー

霊長目 クモザル科
学 名 Lagothrix lagotricha
英 名 Common woolly monkey / Humboldt's woolly monkey / Brown woolly monkey
分布域 コロンビア南部など
生息環境 森林地帯
体 長 50~60cm 程度
尾 長 70~75cm 程度
体 重 5~7kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (VU)

コモンウーリーモンキーは南アメリカ大陸の北部に分布している真猿類で、コロンビア南部を中心として、これに接するようにエクアドル、ペルー、ブラジル、ベネズエラなどの一部に分布している。

以前はオマキザル科に分類されていたが、現在はジェフロイクモザルなどと共に、独立したクモザル科として扱われている。

ウーリーモンキーはクモザルの中ではもっとも体が大きいと言われ、本種では雄の平均体重は7kg程だが、飼育下では10kgを超えるものもいる。

別名フンボルトウーリーモンキー、ブラウンウーリーモンキーとも呼ばれ、毛色は赤褐色や暗褐色、灰色、さらに黒色に近いものもなど変化があるが、一般に頭部や手足は濃く、体の方が淡い色をしている。
しかし、コモンウーリーモンキーの毛はいずれも短く、羊毛のように密生している。

耳は小さく、顔には毛がなくて黒っぽい。
また、他のクモザルのように手足や尾は長いが、クモザル属ほど長くはなく、体も筋肉質でがっしりとした感じがする。

尾にも密生した毛が生えていて、体長よりも長くて太いが、先端の3分の1程は内側に毛が生えていない。
この為、しっかりと木の枝などに巻きつけることができるほか、ものを引き寄せたりすることができる。

深い森林地帯に生息し、湿度の高い二次林などの樹冠部に多く見られるが、標高3000m程のところにも生息している。

昼間に行動し、ふつうは10~20頭ほどの群れで樹上生活をしていて、あまり地上に降りることはない。
群れは50~70頭程になることもあるが、野生の状態では、クモザルやホエザルなどと共生していることも多い。

行動範囲は4~11k㎡程度と考えられていて、食糧事情などよって幅がある。

主に果実類を食べるが、木の葉や木の実、花なども採食し、コモンウーリーモンキーはあごが丈夫で、かなり堅い木の実でもかみ砕いて食べてしまう。
また、昆虫やその幼虫などの動物質も少しは食べる。

決まった繁殖期がなく、雌は12~49日の発情周期があると言われている。
妊娠期間は7~7ヵ月半ほどで、ふつうは1産1子、希に2子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は140g程で、生後2週間程は母親のお腹に引っ付いている。
その後は背中に移り、6週間程は母親と一緒に移動し、8週目を過ぎる頃には母親から離れ始める。

半年が過ぎる頃にはかなり自立するが、授乳は9~12ヵ月ほど行われる。
雌雄共に5年程で成熟するが、完全に性成熟するのは6~8年と言われ、飼育下での寿命は25年程度と考えられている。

コモンウーリーモンキーはおとなしい性質の動物だが、いくぶん臆病で、ちょっとした物音にも驚き、大きななき声をあげる。
外敵はジャガーオセロットなどであるが、ワシやタカなどの猛禽類に襲われることも多い。

現在、コモンウーリーモンキーは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定されている。
生息数の減少した大きな原因は近年の開発などによる森林の伐採であるが、食料として狩猟されることなどもあり、更なる生息数の減少が懸念されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、コモンウーリーモンキー 1動物図鑑、コモンウーリーモンキー 2動物図鑑、コモンウーリーモンキー 3動物図鑑、コモンウーリーモンキー 4動物図鑑、コモンウーリーモンキー 5