動物図鑑・アヌビスヒヒ (ドグエラヒヒ)

アヌビスヒヒ (ドグエラヒヒ) さんのプロフィール



動物図鑑・アヌビスヒヒ

アヌビスヒヒ (ドグエラヒヒ)

霊長目 オナガザル科
学 名 Papio anubis
英 名 Anubis Baboon / Olive Baboon
分布域 アフリカ中部辺り
生息環境 主にサバンナ地帯
体 長 60~85cm 程度
尾 長 48~56cm 程度
体 重 14~30kg 程度

アヌビスヒヒは別名をドグエラヒヒとも呼ばれ、マリからブルキナファソ、ニジェールを経て、スーダンや中央アフリカ、エチオピア、ケニア、タンザニアなど、アフリカ大陸の中央部に帯のように分布している。

サバンナヒヒと呼ばれるヒヒの仲間で、乾燥した草原地帯や森林、半砂漠地帯などに広く生息している。
また、アフリカのサバンナなどを撮影したものに出てくるヒヒは、多くがこのアヌビスヒヒで、ヒヒの中ではもっとも分布域が広く、一部のものはサハラ砂漠の山岳地帯にも生息している。

体の大きさは地域によって少し差があるが、全体にがっしりとした体つきで、雄の方が体が大きい。
大きい雄では体長110cm、体重が50kgほどのものも見られ、マンドリルほどの大きさがある。

体毛はオリーブ色やオリーブ色を帯びたような濃い褐色や黒褐色で、四肢の先や顔は黒っぽい色をしている。
また、鼻梁は口先を越えるほど長く突き出していて、雄では特に長い。

四肢は少し短い感じがするが、アヌビスヒヒは主に地上で生活する為、四足歩行するのに適した体をしている。
歩く時には手のひらを地面につけず、尾は高く上げている。

昼間に行動し、数十頭ほどの群れで生活しているが、大きな群れは100頭を越すものも見られる。
サバンナ地帯を移動しながら生活しているが、群れは強力な雄のリーダーに率いられ、秩序ある社会構造をもっている。

群れの行動範囲は4~20平方km程度と言われていて、この中を、1日平均5~6km程を移動するとされている。

果実や木の実、根、花、草類などを主に食べるが、乾燥した地域では、昆虫類やクモ類なども食べる。
また、ノウサギの他、時にはキツネや小型のレイヨウの子どもなども捕らえるが、獲物は雌雄が混ざったグループで行われることが多い。

外敵にはヒョウチーターライオンなどがいるが、これらに襲われたときには、サバンナに点在するコピエと呼ばれる岩山に駆け上って逃げる。
また、チンパンジーがアヌビスヒヒを襲うことも知られているが、アヌビスヒヒは力が強い上、雄には5cm程の鋭い犬歯があり、これを武器としてヒョウなどを追い払ったり、時には倒すこともある。

また、主に地上生活をしているが、木登りもうまく、夜は木に登ったり、岩山に上って岩のくぼみなどで休む。

アヌビスヒヒには決まった繁殖期は見られず、雌雄共に複数のものとの間で交配が行われる。
妊娠期間は6ヵ月程で、ふつうは1産1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は900~1000g程で、14ヶ月程の授乳期間がある。
子育ての多くは雌が行うが、雄も子どもを移動させたり食べ物を運んだりと、少しは育児に参加する。
また、雌は、他の雌の子どもを育てることもある。

雌は7~8年、雄は7~10年程で性成熟し、野生での寿命は25~30年程度と考えられているが、飼育下での寿命は長く、35年を超えるとされている。
また、雌は生まれた群れの中に残るが、雄は成長すると群れを離れていくことなどは、他のサル類と同じである。

アヌビスヒヒは、現在のところ絶滅の危険はないとされているが、農地の開発などによって、生息地は減少傾向にある。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、アヌビスヒヒ 1動物図鑑、アヌビスヒヒ 2動物図鑑、アヌビスヒヒ 3動物図鑑、アヌビスヒヒ 4動物図鑑、アヌビスヒヒ 5動物図鑑、アヌビスヒヒ 6動物図鑑、アヌビスヒヒ 7動物図鑑、アヌビスヒヒ 8動物図鑑、アヌビスヒヒ 9