動物図鑑・バッティコファーグエノン(ゲノン)

バッティコファーグエノン(ゲノン) さんのプロフィール



動物図鑑・バッティコファーグエノン

バッティコファーグエノン(ゲノン)

霊長目 オナガザル科
学 名 Cercopithecus petaurista buettikoferi
英 名 Western Lesser Spot-nosed Monkey / Buettikofer's guenon
分布域 アフリカ西部
生息環境 森林地帯など
体 長 35~50cm 程度
尾 長 30~45cm 程度
体 重 2.7~6kg 程度

バッティコファーグエノンは、西アフリカのベニンからトーゴ、ガーナなどを経て、セネガル辺りまで分布しているショウハナジログエノンの亜種で、顔は黒色や黒灰色をしているが、鼻には特徴的な白いスポットがある。

分布域はリベリアとコートジボワールとの国境を流れるCavally川から西側で、河川があるような湿地帯や沼地などの森林地帯に生息している。

オナガザル科のサルで、頬にはニホンザルのように頬袋をもっているほか、尾は体長と同じくらい長い。
体色は茶褐色やオリーブ色のような感じで、喉から腹面にかけては白く、四肢の内側も白色をしている。
また、喉元に見られる白い毛は長くてフサフサとしていて、耳の周りにも白いふさ毛が見られる。

ショウハナジログエノン(C.p. petaurista)との違いは、目の下にはっきりとした白色の帯が見られないことや、耳の上辺りから伸びる黒色の帯が、頭の上で交わらないなどの違いがあるとされている。

習性や食性などは同じで、昼間に行動し、ほとんど樹上生活をしている。
水を飲んだりするときなどのほかには、地上に降りてくることは少なく、樹上を活発に移動して、果実や木の葉、昆虫などを食べる。

野生下での詳しい繁殖状況などは分かっていないが、ふつうは1産1子を出産する。
外敵はヒョウなどの肉食動物などよりも、猛禽類に襲われることが多く、飼育下での寿命は25年程度と言われている。

現在のところ、バッティコファーグエノンは絶滅の恐れはないとされているが、近年の開発などによって、生息地の減少が心配されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、バッティコファーグエノン 1動物図鑑、バッティコファーグエノン 2動物図鑑、バッティコファーグエノン 3