動物図鑑・アカアシドゥクラングール(ドゥクラングール)

アカアシドゥクラングール (ドゥクラングール/ドゥクモンキー) さんのプロフィール



動物図鑑・ドゥクラングール

アカアシドゥクラングール
(ドゥクラングール/ド
ドゥクモンキー)

霊長目 オナガザル科
学 名 Pygathrix nemaeus
英 名 Dune Monkey / Red-shanked Douc Langur
分布域 ラオスやベトナム、カンボジアなど
生息環境 森林地帯
体 長 60~75cm 程度
尾 長 55~75cm 程度
体 重 14kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

アカアシドゥクラングールは単にドゥクラングール、或いはドゥクモンキーとも呼ばれ、ベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息している。

毛は長く、毛色は暗灰色や茶色を帯びたような濃灰色、また灰褐色などであるが、黄色や肌色などの顔のまわりには、白くて長い頬毛があり、かなり特徴的な顔をしている。

また、写真では紹介できなかったが、尾や肘の下から手首にかけては白く、膝から足首の下辺りまでは栗色やオレンジ色をしている。
これが「アカアシ」の名前の由来になっているが、アカアシドゥクラングールはかなりカラフルな体色をしているといえる。

完全な樹上性の動物で、めったに地上に降りることはなく、樹上での動きは非常に敏捷である。
また、アカアシドゥクラングールはシルバールトンダスキールトンと同じくリーフイーターの仲間で、木の葉を主食としてイチジクなどの果物や種子などを採食している。

熱帯雨林やモンスーン林に普通は4~15頭程度の群れで生活しているが、この群れは通常1頭の雄に率いられている。
また、複数の群れが集まって、時に50頭程の群れをなすこともある。

普通は1産1子で、飼育下での寿命は25年程度と言われている。

アカアシドゥクラングールは樹上生活している為、外敵はヒョウウンピョウなどの肉食の動物よりも、むしろ密猟を目的とした人間であるといわれている。

かつてのベトナム戦争で多くの森林が破壊された後も、開発や破壊などで生息地が更に減少し、アカアシドゥクラングールの個体数も減少している。
現在は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって絶滅危惧種(EN)としてレッドリストに指定され保護されているが、一層の保護が求められている。

また、手足が濃灰色や黒色をしているGrey-shanked Douc Langur(Pygathrix cinerea)は更に個体数が少なく、より深刻な絶滅危惧種(CR)として指定されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ