動物図鑑・ヤクニホンザル (ヤクシマザル)

ヤクニホンザル (ヤクシマザル) さんのプロフィール



動物図鑑・ヤクニホンザル

ヤクニホンザル (ヤクシマザル)

霊長目 オナガザル科
学 名 Macaca fuscata yakui
英 名 Yakushima Macaque / Japanese Macaque
分布域 鹿児島県・屋久島
生息環境 森林地帯など
体 長 40~60cm 程度
尾 長 5~10cm 程度
体 重 8~12kg 程度

ヤクニホンザルは鹿児島県の屋久島に分布しているニホンザルの亜種で、ヤクシマザル、ヤクザルなどとも呼ばれている。

青森県の下北半島に分布しているニホンザルは、北限域で生活しているサルとしてよく知られているが、ヤクニホンザルの生息地はニホンザルが生息する南限にあたっている。

ヤクニホンザルは本州などに生息しているものに比べてやや小柄で、毛も灰色っぽく、長くて粗い感じがする。
また、体はずんぐりとした感じがし、顔の紅色も淡い。

低地から高地の森林地帯に生息しているが、高地に生息しているものは、冬の積雪期には低地に降りてくる。

習性は本土に生息しているものと同じで、群れで生活し、社会性をもった生活をしている。
群れの中には順位や血縁関係が見られることも同じだが、群れの大きさは本土のサルよりも小さいと言われていて、普通は10~30頭程の群れで生活している。

また、食性なども本土のものと同じで、果実や木の葉などのほか、昆虫類なども食べ、寿命も本州に生息しているものと同じ程度と考えられている。

屋久島ではかつて広葉樹の伐採などにより、生息地を奪われたヤクニホンザルが人里に現れ果樹園などの農作物に被害を与えることになり、害獣として駆除されてきた経緯がある。
しかし、現在では人との共生を目指し、ヤクニホンザルの数も回復してきている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ヤクニホンザル 1動物図鑑、ヤクニホンザル 2動物図鑑、ヤクニホンザル 3