動物図鑑・ウマグマ

ウマグマ さんのプロフィール



動物図鑑・ウマグマ

ウマグマ

食肉目 クマ科
学 名 Ursus arctos pruinosus
英 名 Tibetan (Blue) Bear
分布域 チベットや中国カンスー省・青海省など
生息環境 高山の森林地帯など
体 長 150~160cm 程度
尾 長 5~8cm 程度
体 重 100~120kg 程度

ウマグマはチベットやネパール西部、中国甘粛省・青海省・四川省などの山岳地帯に生息するヒグマの仲間で、体長は150cm程度と、ヒグマとしては体が小さい。

しかし、体は他のヒグマと同様がっしりとしていて、見るからに頑丈そうな体つきをしている。
腰よりも肩の方が高く、コブのように肩が盛り上がっていることも他のヒグマと同じで、小さいといっても、ウマグマを間近で見るとかなり大きくて圧倒される。

体色には変化があり、黒色のものや暗褐色・茶褐色などの他、中には胸にツキノワグマのような斑があるものも見られる。

また、海抜4,500~5,000mのヒマラヤ山系にも生息していることから、ウマグマは寒さにはかなり強いと言われている。

ウマグマは飼育されているものが少なく、生態などの詳しいことはあまり分かっていないが、動物や魚のほか、木の実や果実、昆虫などを食べる雑食性であることはヒグマと同じである。

また、中国ではウマグマの走る様子がウマに似ていることから「馬熊」と呼ばれているが、ウマグマには白っぽい体色のものも見られ、ヒマラヤ山脈に住むといわれている「イエティ」と呼ばれる未確認の動物は本種であると考えられている。

いずれにしてもウマグマの野生での生態や保全状況はよく分かっておらず、野生下での目撃数も極めて少ない。
しかし、「絶滅危惧種の国際取引に関する条約」では付属書Iの国際保護種として指定されていて、生息数はかなり少ないと考えられている。

このほか、ヒグマの仲間にはUrsus arctos gobiensis(Gobi bear)と呼ばれるゴビ砂漠に生息する孤立した集団が知られているが、この種はウマグマと同じ亜種として扱われることがある。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ウマグマ 1動物図鑑、ウマグマ 2動物図鑑、ウマグマ 3