動物図鑑・ベンガルトラ

ベンガルトラ さんのプロフィール



動物図鑑・ベンガルトラ

ベンガルトラ

食肉目 ネコ科
学 名 Panthera tigris tigris
英 名 Bengal Tiger
分布域 インドやネパール、バングラデシュなど
生息環境 主に森林地帯
体 長 雄で230~300cm 、雌では180~230cm 前後
尾 長 雄で100~140m、雌で90~110cm 程度
体 重 雄で180~230kg 、雌で90~180kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

ベンガルトラはトラの仲間の中では大型で、大きな雄では体長が3.2m、体重は260kg程のものも知られている。
インドやネパール、ブータンやバングラデシュなどに分布し、体は黄褐色やオレンジ色を帯びた茶色などで、腹部は白い。

トラに見られる黒い縞は腹部にもあるが、縞の数は比較的少なく、肩や胸などにほとんど縞が見られないものもいる。
また、夏毛・冬毛ともに短いが、頬から首の毛が長いものが多く、首では6cm程、頬では8cm程度の長さのものも見られる。

主に森林地帯に生息しているが、湿地帯の草原や川の近くの草むらや藪などにも生息している。
また、ヒマラヤ地方のものは2,000mの高地にも生息しているほか、3,000mを超えるところにも姿を見せることがある。

子どもを育てている母親以外は、ふつうは単独で生活し、昼間は茂みの中や岩穴などに潜んでいることが多い。
主に夜になると活発に活動をはじめ、シカイノシシなどのほか、ヤマアラシや爬虫類、魚など、何でも捕らえる。

力はかなり強く、重さが180kg程のウシを引きずっていくこともできるほか、ガウルスイギュウツキノワグマなども倒してしまう。
また、時には人家近くに現れ、ウシやウマ、ラクダなどの家畜を襲うこともある。

行動範囲は地域や季節などによって変化があるが、ベンガルトラはかなり広い行動範囲をもっている。
特に雄の行動範囲は広く、その行動範囲の中には、複数の雌の行動範囲が含まれている。
インドのパンナ保護区の雄では、夏には200k㎡程の範囲を獲物を捜して歩きまわり、冬では100k㎡程の行動範囲をもっていると言われている。

体が大きいこともあり、木に登ることはほとんどないが、ベンガルトラは泳ぎはたいへんうまい。
川が移動の妨げになるようなことはなく、川幅のある河川でも簡単に泳ぎ渡ってしまう。

このほか、ベンガルトラの中には、目が青い白色変種のホワイトタイガーが生まれることがある。
ホワイトタイガーはベンガルトラと同じ種で、全身は白いが、普通は黒い縞が残っている。
しかし、縞がなく全身真っ白のホワイトタイガーも稀に見られる。
(写真右下は、白色変種のホワイトタイガー)

決った繁殖期や交配の形態は見られないが、子どもの多くは12月と4月頃に生まれている。
巣は岩穴や倒木の下などの窪みにつくり、子どもは雌が育てる。

妊娠期間は104~106日程で、雌は1産1~4子、普通は2~3子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は780~1600g程で、目は閉じている。

生後1~2週間ほどで目が開き、3ヶ月を過ぎる頃には離乳する。
5~6ヵ月程で親と一緒に狩をはじめ、早ければ1年半程で独立する。

雌は3~4年、雄は4~5年程で性成熟し、平均寿命は飼育下のもので16~18年程度と言われている。
中には25年を超えるものも知られているが、野性のものはこれよりも短く、長いもので15年、平均すると8~10年と考えられている。

近年の森林開発などによってトラの仲間はかなり減少しているが、ベンガルトラの生息数もかなり減少している。
現在、ベンガルトラは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、レッドリストに絶滅危惧種(EN)として指定されているが、更なる個体数の減少も懸念されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ベンガルトラ 1動物図鑑、ベンガルトラ 2動物図鑑、ベンガルトラ 3動物図鑑、ベンガルトラ 4動物図鑑、ベンガルトラ 5動物図鑑、ベンガルトラ 6動物図鑑、ベンガルトラ 7動物図鑑、ベンガルトラ 8動物図鑑、ベンガルトラ 9