動物図鑑・クロジャガー

クロジャガー さんのプロフィール



動物図鑑・クロジャガー

クロジャガー

食肉目 ネコ科
学 名 Panthera onca
英 名 Jaguar
分布域 メキシコから南アメリカ中部
生息環境 主に森林の水辺や沼地
体 長 120~180cm 程度
尾 長 50~90cm 程度
体 重 60~130kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種 (NT)

ジャガーはメキシコから南アメリカ中部辺りにかけて分布しているが、クロジャガーはジャガーの黒色変種で、ヒョウにも時としてクロヒョウが見られるように、ジャガーにもしばしばこのような個体が見られる。

ジャガーは新大陸では最大のネコ科の動物で、普通は黄褐色や淡褐色などの体色で、口のまわりは白く、腹部も白っぽい。
体には角張ったリング状の黒い斑紋があり、一見してヒョウに似ているが、斑紋は途中で切れていて、中にはさらに小さな黒斑がある。
また、ジャガーはヒョウよりも体が大きく、がっしりとした体をしている。

この普通のジャガーに対して、クロジャガーは全身が真っ黒で、口のまわりや腹部も黒い。
しかし、この体色の違い以外は普通のジャガーと変わらず、生息環境や習性・食性なども同じである。

クロジャガーも川や湖沼など、森林の水辺を好んで生息していてるが、環境への適応力もあり、草原や荒地などにも現れる。
また、クロジャガーが主として夜行性で、繁殖期以外は単独で生活しているということも、普通のジャガーと変わるところがない。

肉食性で、アグーチカピバラペッカリーバクなどの他、アライグマサルといったものを捕らえる。
泳ぎも巧みで、川で魚を取ったり、カメやカイマンなども捕食する。
また、木登りもうまいほか、繁殖期も決まった時期が見られず、寿命なども普通のジャガーと同じとされている。

右下の写真は普通の体色をしたジャガーだが、ジャガーには黒色変種のクロジャガー以外にも、白色変種も時として見られる。

尚、森林の開発や毛皮を目的とした密猟などによって、近年ジャガーの生息数は減少しているが、ジャガーは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、レッドリストに準絶滅危惧種(NT)として指定されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、クロジャガー 1動物図鑑、クロジャガー 2動物図鑑、クロジャガー 3動物図鑑、ジャガー