動物図鑑・サーバルキャット

サーバルキャット さんのプロフィール



動物図鑑・サーバルキャット

サーバルキャット

食肉目 ネコ科
学 名 Felis Serval / Leptailurus serval
英 名 Serval
分布域 主にアフリカのサハラ以南
生息環境 開けたサバンナ、森林の沼地や川辺など
体 長 70~100cm 程度
尾 長 25~45cm 程度
体 重 9~18kg 程度

サーバルキャットはアフリカ大陸に分布しているヤマネコで、アルジェリアの北部やモロッコなどにも分布しているが、サハラ砂漠より南のアフリカに多く分布している。

体は細く四肢が長いので、全体にさっそうとした感じがする。
また、頭部は小さいが、耳は先が丸くてかなり大きく、左右の耳の間はかなり狭い。

毛はやわらかくて短いが、毛色は固体によって変化があり、全身が真っ黒のものも稀に見られるが、ふつうは黄褐色か黄色で、腹部や四肢の内側などは白っぽい。

また、サーバルキャットの全身にはベンガルヤマネコのようにはっきりとした黒い斑点があり、ネコ科の中でも美しい動物である。
首や肩の辺りでは黒い斑点が数本の線状になっていて、ひじの辺りでは横線のようになっている。
この黒い斑点は尾にもみられ、斑がリングのようになっていて、先は黒くなっている。

顔の頬や額にも小さな黒い班が見られ、耳の後ろ側も黒いが、トラのように淡褐色や白色の淡い部分がある。

サーバルキャットは背の高い草木のある草原や、川辺近くの葦の茂みや草むらなどを好んで生息していることが多く、主に夜間に活動する。
しかし、しばしば昼間も行動し、特に朝夕の日差しの強くないときにはよく活動するほか、標高2000mを超える高地にも姿を見せる。

主にウサギやネズミ、ハイラックス、鳥などを捕食するが、時に小型のレイヨウなども捕食する他、カエルやトカゲ、果実なども食べる。

サーバルキャットは他の多くのネコ科の動物と同様、普段は単独で生活し、行動範囲は11~20k㎡と言われている。
雄は縄張りをもち、尿による匂いや爪あとなどで縄張りを主張するが、雌の行動範囲は雄の縄張りと重複することが多い。

地上性の動物だが、木登りもうまく、泳ぎも巧みである。
また、長い四肢は駆けるのに適していて、走るのも速い。

サーバルは、スペイン語の「猟犬」に由来するが、跳躍力にもすぐれ、3m程もある木の上にいる鳥をひと跳びでとらえることができるほか、舞い上がった鳥をとらえることもできるほど動きは敏捷である。

巣穴は岩の割れ目や草ヤブのほか、ツチブタヤマアラシなどがすてたものを利用することもある。

サーバルキャットは一見穏やかそうにも見えるが、性質は荒く、時にイヌも倒してしまう。
しかし、固体によるが、若いうちはよく慣れる。

また、 時々金切り声で叫んだり唸ったりするが、これはコミュニケーションをとっているとも考えられている。

一夫多妻で、地域によっては繁殖のピーク時が見られるが、一般に決まった繁殖期は見られない。
妊娠期間10~11週程で、ふつう1産2~3子を出産する。

生まれたばかりの子どもは体重250g程で、3~5ヵ月程の授乳期間がある。
育児は雌が行い、雄は1年程で独立するが、雌はその後もしばらくは母親の元に留まる。
飼育下での寿命は20年程度と考えられているが、野生ではこれよりかなり短く、10年程度と言われている。

外敵はハイエナヒョウなどと考えられているが、一番の外敵は人間で、生息地の開発や美しい毛皮を目的とした狩猟などによって、サーバルキャットの生息数は減少している。

尚、サーバルキャットは、分布域が広いこともあり、主に次のような亜種に分けられている。

  ・Leptailurus serval serval (南アフリカ共和国に分布)
  ・L.s.beirae (モザンビーク)
  ・L.s.brachyurus (サヘルと呼ばれる北アフリカ乾燥地帯)
  ・L.s.constantinus (アルジェリアやモロッコ、チュニジア)
  ・L.s.hamiltoni (トランスヴァール地方東部)
  ・L.s.hindei (タンザニア)
  ・L.s.kempi (ウガンダ)
  ・L.s.kivuensis (コンゴ共和国)
  ・L.s.lipostictus (アンゴラ北部)
  ・L.s.lonnbergi (アンゴラ南部)
  ・L.s.mababiensis (ボツワナ北部)
  ・L.s.robertsi (トランスバール地方西部)
  ・L.s.tanae (エチオピアやエリトリア、ソマリア)
  ・L.s.togoensis (トーゴとベナン)

この他、 L.s.faradjius、L.s.ferrarii、L.s.pantastictus、L.s.phillipsi、L.s.pococki などの亜種もいるとされることがある。
しかし、上の亜種も含め、これらのいくつかは同種として扱われることもあり、はっきりとした事は決まっていない。

現在サーバルキャットはワシントン条約によって保護されているが、一部地域のものは絶滅が危惧されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、サーバルキャット 1動物図鑑、サーバルキャット 2動物図鑑、サーバルキャット 3動物図鑑、サーバルキャット 4動物図鑑、サーバルキャット 5動物図鑑、サーバルキャット 6動物図鑑、サーバルキャット 7動物図鑑、サーバルキャット 8動物図鑑、サーバルキャット 9動物図鑑、サーバルキャット 10