動物図鑑・ヨーロッパオオヤマネコ (シベリアオオヤマネコ)

ヨーロッパオオヤマネコ (シベリアオオヤマネコ) さんのプロフィール



動物図鑑・ヨーロッパオオヤマネコ

ヨーロッパオオヤマネコ
(シベリアオオヤマネコ / ユーラシアオオヤマネコ)

食肉目 ネコ科
学 名 Lynx lynx
英 名 Eurasian Lynx
分布域 ユーラシア大陸の温帯域以北
生息環境 森林地帯
体 長 70~130cm 程度
尾 長 10~25cm 程度
体 重 14~35kg 程度

ヨーロッパオオヤマネコは別名・ユーラシアリンクス(ユーラシアオオヤマネコ)やシベリアオオヤマネコなどとも呼ばれ、スカンジナビア半島辺りから中央アジアを経てロシアに至るユーラシア北部の針葉樹林帯などに分布している。
また、主な分布域から離れたチベット高原周辺にも分布していて、単にオオヤマネコと呼ばれることもある。

ヨーロッパオオヤマネコはオオヤマネコの中でもっとも体が大きく、肩高は平均すると70cm程で、毛色は夏では黄褐色や暗褐色などで赤味が強く、茶色か黒色の斑点が見られる。
冬には淡灰色など、灰色が強くなるが、ヨーロッパオオヤマネコは分布域が広く、地域によって体色に変化があり、寒い地方のものは斑点もはっきりとしないものもいる。

また、ヨーロッパオオヤマネコはユーラシアでも寒い地域に分布している為、冬季には毛が長くなり、足にも長い毛が密生し、足幅がかなり広くなる。
これによって、雪の中でも体が沈み込んだりすることを防いでいるが、前足の幅は15cm近くになり、体重が倍以上もあるピューマと同じくらいの幅になる。
しかし、耳の先には黒い飾り毛があり、尾の先も黒く、トラのように頬に長いふさ毛が見られるなどは、他のオオヤマネコと同じである。

主に森林地帯に生息しているが、開けた草原や岩の多い丘陵、山地の岩場などにも生息していて、普段は単独で生活している。
時に昼間も活動するが、日中は木の上や岩陰などで休んでいることが多く、主に早朝と夕方に活動する。

ネズミやウサギ、リスなどの小動物のほか、鳥類や魚、爬虫類や昆虫など、かなり幅広く食べるが、ヨーロッパオオヤマネコは力も強く、アカシカトナカイイノシシなど、大型の哺乳類もとらえる。
獲物は待ち伏せて襲ったりする他、時には獲物の跡をたどって10km以上も追いかけると言われているほか、アカシカなどの大型の獲物を倒す場合は、時に小さなグループをつくることもある。

木登りもうまく、跳躍力などにも優れているが、聴覚や視覚も優れていて、3km先にいるリスを見つけることも出来ると言われている。
また、ヨーロッパオオヤマネコは泳ぎもうまい。

行動範囲は20~450k㎡程と言われていて、食糧事情や季節などによって大きく変化するが、平均すると雄の行動範囲は240~280k㎡、雌では100~200k㎡程とも言われている。
また、雄の行動範囲の中には、1~2の雌の行動範囲が含まれているほか、子育てをしている雌の行動範囲は狭くなる。

一夫多妻で、繁殖期は2~4月頃に見られる。
妊娠期間67~74日程で、1産1~5子、ふつうは2~3子を出産する。

生まれたばかりの子どもの平均体重は300~350g程で、4ヵ月程度で離乳する。
10~12ヵ月程で独立し、雌で2年、雄で3年程で性成熟する。
飼育下での寿命は20年を超えるものが知られているが、野生のものでは長くて17年程度と言われていて、普通はこれよりも短い。

外敵はトラやオオカミの他、時にクズリに襲われることが知られているが、これらの脅威よりも、近年の森林開発に伴う獲物の減少や生息地の減少が大きな脅威になっている。
かつてはヨーロッパ全土や中央アジア、ロシアに広く分布していたとされているが、現在のヨーロッパでは、再導入されたものが一部に分布する程度になってしまっている。

尚、ヨーロッパオオヤマネコの正確な亜種は定まっていないが、おそよ次のような亜種が挙げられている。
  ・Lynx lynx lynx (スカンジナビア半島や東ヨーロッパから西シベリア)
  ・L.l. carpathicus (カルパチア山脈や中央ヨーロッパ)
  ・L.l. martinoi (バルカン半島)
  ・L.l. dinniki (コーカサス地方)
  ・L.l. wardi (アルタイ山脈)
  ・L.l. wrangeli (東シベリア)
  ・L.l. isabellinus (中央アジア)
  ・L.l. kozlovi (シベリア中央部)
  ・L.l. stroganovi (アムール地方)

また、オオヤマネコの仲間にはヨーロッパオオヤマネコのほか、北アメリカにはカナダオオヤマネコなどの種が分布しているが、イベリア半島に分布しているスペインオオヤマネコは生息数が特に減少していて、現在は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、絶滅危惧種(CE)としてレッドリストに指定されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 1動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 2動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 3動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 4動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 5動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 6動物図鑑、ヨーロッパオオヤマネコ 7