動物図鑑・ホワイトタイガー

ホワイトタイガー (ベンガルトラ) さんのプロフィール



動物図鑑・ホワイトタイガー

ホワイトタイガー (ベンガルトラ)

食肉目 ネコ科
学 名 Panthera tigris tigris
英 名 White Tiger
分布域 ネパールからインド、インドシナ
生息環境 主に森林地帯
体 長 雄で230~300cm 、雌では180~230cm 前後
尾 長 雄で100~140m、雌で90~110cm 程度
体 重 雄で180~230kg 、雌で90~180kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

ホワイトタイガーはネパールからインド、インドシナに生息するベンガルトラの白変種で、しばしばこのような固体が生まれる。
しかし、全身は白いが、普通は黒い縞が残っている。
また、完全な白色種になると縞もなくなってしまい、まったくのホワイトタイガーが稀に見られる。

ホワイトタイガーを含むベンガルトラは、アムールトラと同じく比較的大型のトラで、インドやネパール、バングラディシュなどに生息している。

白色種でないふつうのベンガルトラの毛色は、オレンジ色を帯びた茶色などで、腹部は白い。
トラに見られる黒い縞の数は比較的少なく、肩や胸の部分にはほとんど縞が見られないこともある。
また、体毛は夏期、冬期ともに短いが、普通は頬と首まわりの毛は長い。

ホワイトタイガーの生息環境や習性などはベンガルトラと同じで、森林地帯のほか、湿地帯の草原や川の近くの草むらなどにも生息する。

シカイノシシなどのほか、
ヤマアラシや爬虫類、魚など、ほかのトラと同じように何でも食べる。
また、力もかなり強いので、時には人家近くに現れ、
ウシウマなどを襲うこともある。

ベンガルトラは体が大きいこともあり、木に登ることはほとんどないが、泳ぎはうまい。
また、ふつう1産2~6子であるが、兄弟がすべてホワイトタイガーということではない。
寿命はベンガルトラと同じ程度であると言われている。

ホワイトタイガーは国内の動物園でも時々見かけることのある人気のある動物だが、近年トラの仲間の生息数は減少をしていて、野生においてホワイトタイガーを見ることは殆どない。

現在、ホワイトタイガーを含むベンガルトラは、国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、レッドリストに絶滅危惧種(EN)として指定されている。
尚、ライオンにも白色変種のホワイトライオンが見られることがある。

右下の写真はふつうのベンガルトラ。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ホワイトタイガー 1動物図鑑、ホワイトタイガー 2動物図鑑、ホワイトタイガー 3動物図鑑 ベンガルトラ