動物図鑑・ベニジュケイ

ベニジュケイ さんのプロフィール



動物図鑑・ベニジュケイ

ベニジュケイ

キジ目・キジ科
学 名 Tragopan temminckii
英 名 Temminck's Tragopan
分布域 中国南西部からベトナム辺り
生息環境 山地の森林地帯
体 長 50~60cm 前後
翼長
体 重 900~1500g 程度

ベニジュケイは中国南部やチベット南部、ベトナム北部、インド北西部などの高山の森林地帯に生息しているキジ科の鳥で、主に果実や木の実、草などのほか、昆虫などを食べる。

体はずんぐりとした感じがするが、雄の体は白い数珠模様が入る赤みを帯びたオレンジ色で、大変美しい。
また、顔の裸出した部分は鮮やかな青色で、喉の肉垂と肉角質も深い青色をしていて美しく、足はピンク色をしている。

ベニジュケイの雌は雄よりも体が小さく、全身が茶色に白の目立たない色をしている。
また、顔の裸出部も白い。

巣は枯枝や枯葉などで樹上につくり、産座には羽毛をしく。
5月頃に4~6個の卵を産み、抱卵日数は26~28日。

ベニジュケイは大変美しい鳥であるが、生息数は少なくなっている。
また、近年の生息地の破壊などによって、更なる生息数の減少が危惧されている。

写真はいずれも雄のベニジュケイ。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ベニジュケイ 1動物図鑑、ベニジュケイ 2