動物図鑑・ニジキジ

ニジキジ さんのプロフィール



動物図鑑・ニジキジ

ニジキジ

キジ目・キジ科
学 名 Lophophorus impejanus
英 名 Himarayan Monal
分布域 チベットからインド、ネパール辺り
生息環境 標高の高い低木林地帯
体 長 60~70cm 前後
翼長
体 重 1.8~2.5kg 程度

ニジキジはアフガニスタンからブータン、チベット南部、インド、ネパールにかけてのヒマラヤ山系に分布している大型のキジで、体つきも他のキジ科のものに比べてがっしりとした感じがする。

標高2500~4500m近くの高山地帯の森林で、普通は単独かつがいで生活している。
時に3~4羽ほどの小さな群れをつくることもあるが、大きな群れをつくることはない。

主に植物の根や地下茎、昆虫などのほか、果実や種子なども食べる。
冬場は雪に覆われた土をくちばしで掘り返してえさを探すが、標高1,500~2,500m位まで降りてくる。

ニジキジの雄の頭部は光沢感のある鮮やかな水色をしていて、同じ色の直立する冠羽がある。
羽毛は青、赤、緑、紫などが混ざるが、全体に深い青色をしており、日光を浴びると虹のように美しく輝いて見える。

ニジキジの雌には冠羽がなく、全体がまだら模様のある褐色をしているが、目の周りは雄と同様鮮やかな青色をしている。
また、冠毛はないが、頭頂の毛は少し立っている。

繁殖期は4~6月で、普通は4~6個の卵を産む。抱卵日数は26~29日。
巣は岩陰や草地などに浅いくぼみをつくる。

ニジキジはネパールの国鳥とされているが、美しいので密猟されたりすることから生息数が減少してきている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ニジキジ 1動物図鑑、ニジキジ 2動物図鑑、ニジキジ 3