動物図鑑・セグロカモメ

セグロカモメ さんのプロフィール



動物図鑑・セグロカモメ

セグロカモメ

チドリ目・カモメ科
学 名 Larus argentatus
英 名 Herring Gull
分布域 ユーラシアの中部から北部など
生息環境 海岸や河口、大きな湖沼など
体 長 55~67cm 程度
翼開長 135~150cm 程度
体 重 800~1100g 前後

セグロカモメはカモメ類では大型で、ユーラシアの中部から北部、北アメリカ北部などで繁殖する。

日本では冬鳥として全国の海岸に渡来し、海岸や港、河口などで最も普通にみられる。
また、中国南部や地中海沿岸、北アメリカや中央アメリカの沿岸部などにも渡る。

セグロカモメは背中と翼上面は明るい灰色で、頭部や首、胸から腹にかけては白く、尾も白い。

外側初列風切羽は黒く、先端には白斑があり、冬羽では頭から胸にかけて褐色の小斑が見られる。
一見した感じユリカモメの夏羽に似た感じがするが、セグロカモメの方が体も大きく、くちばしは黄色くて下くちばしの先に赤い斑点がある。
また、足は薄いピンク色をしている。
セグロカモメは雌雄同色であるが、雄の方が体が大きい。

海岸ではウミネコの群れに混じっていることが多いが、陸から離れた洋上に群れを成していることも多い。

主に魚類を食べるが、昆虫のほか、動物の死骸なども食べる。

繁殖地では海岸や内陸の湿地や湖沼などで営巣し、枯草や海藻で巣をつくる。
一度に2~3個の卵を産み、28~30日程で孵化する。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、セグロカモメ 1動物図鑑、セグロカモメ 2