動物図鑑・ケナガワラルー

ケナガワラルー さんのプロフィール



動物図鑑・ケナガワラルー

ケナガワラルー

カンガルー目 カンガルー科
学 名 Macropus robustus
英 名 Common wallaroo / Hill wallaroo / Euro
分布域 オーストラリア大陸の大部分
生息環境 岩の多い丘陵地帯や山岳地帯など
体 長 雄で 1~1.4m 程度、雌で 0.75~1m 程度
尾 長 雄で 0.8~0.9m 程度、雌で 0.6~0.7m 程度
体 重 雄で 28~42kg 程度、雌で 18~24kg 程度

カンガルーの仲間は、太い尾をもち、跳躍力に優れた二足歩行する有袋類としてよく知られているが、「ワラルー」とは中型のカンガルー類を指す総称で、これよりも更に小さいものを「ワラビー」と呼んでいる。

ケナガワラルーは、タスマニア島を除くオーストラリアのほぼ全域に分布していて、体は
オオカンガルークロカンガルーなどよりも小さい。

体毛は粗くて、カンガルー類の中では長い毛をもっている。
毛色は砂色や明るい灰色、赤褐色や黒色など、雌雄や地域によって変化があるが、体は雄の方がかなり大きい。

ケナガワラルーは草原や平原などでも見られるが、英名(Hill wallaroo)のように、多くは岩の多い丘陵地帯や険しい岩場、山岳地帯などに生息している。
小さな群れで見られることもあるが、しばしば単独で生活していて、岩場にある張り出した岩棚や洞窟などは、日中の暑さや外敵から身を守るのに役立っている。

昼間に活動し、主に草類や木の根、木の葉や若い木の樹皮などを食べる。
また、水分のほとんどは植物から摂っていて、2週間ほどの間は水を飲まなくても生きていけると言われている。
しかし、川などの水源から遠く離れたところでは見られない。

跳躍力には優れていて、4m程の距離を跳ねることができるほか、危険を感じると険しい岩場に逃げるが、追い詰められると後ろ足で相手を蹴って戦うこともある。

行動範囲は食糧事情などによって異なるが、40~76k㎡、平均すると65km程度と考えられている。
コミュニケーションは互いのグルーミングなどによっても行われるが、子どもと母親との間では頻繁に行われるが、雄同士の間では、ほとんど見られない。

決まった繁殖期は見られず、繁殖形態は一夫一婦とも一夫多妻とも言われている。
雌は妊娠期間30~38日程で、1子を出産するが、生まれたばかりの子どもは、すぐに自分の力で育児嚢に入り込み、8~9ヶ月ほどの間はその中で授乳される。

その後は、育児嚢から出たり入ったりの生活を送り、生後14~16ヶ月ほどで完全に離乳する。
雄は18~20ヶ月、雌は20~24ヶ月程で性成熟する。

外敵は
アカギツネなどで、飼育下での寿命は18~22年程だが、ケナガワラルーは、野生下でも18年以上生きることができると言われている。

このほか、ケナガワラルーには、次の4亜種が知られている。
Macropus robustus robustus (Eastern wallaroo)
ニューサウスウェールズ州からクイーンズランド州などのオーストラリア東部で見られ、雄の毛色は黒っぽいが、雌は砂色のような明るい色をしている。
M. r. isabellinus
ウエスタンオーストラリア州のバロー島に分布し、体は比較的小さく、赤褐色の毛色をしている。
M. r. erubescens
その他の大部分の地域で見られ、毛色には変化があるが、全体に茶色っぽい色をしている。
M. r. woodwardi
ウエスタンオーストラリア州の北部のキンバリー地域に分布していて、くすんだ灰茶色のような毛色をしている。
尚、ケナガワラルーは分布域が広いこともあり、現在のところ絶滅の恐れはないとされているが、バロー島に分布しているものは、生息地が限られているため、今後の開発などが懸念されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ケナガワラルー 1動物図鑑、ケナガワラルー 2動物図鑑、ケナガワラルー 3動物図鑑、ケナガワラルー 4動物図鑑、ケナガワラルー 5動物図鑑、ケナガワラルー 6動物図鑑、ケナガワラルー 7