動物図鑑・クロカンガルー

クロカンガルー さんのプロフィール



動物図鑑・クロカンガルー

クロカンガルー

カンガルー目 カンガルー科
学 名 Macropus fuliginosus
英 名 Western Grey Kangaroo / Black-faced Kangaroo / Mallee Kangaroo / Sooty Kangaroo
分布域 オーストラリア南部の広域
生息環境 森林や草原地帯など
体 長 雄で 1~1.4m 程度、雌で 0.8~1m 程度
尾 長 雄で 0.9~1m程度、雌で 0.75~0.8m程度
体 重 雄で 50~55kg 程度、雌で 26~30kg 程度

クロカンガルーは、オオカンガルーアカカンガルーなどと並ぶ大型のカンガルーで、南オーストラリア州やビクトリア州西部、ニューサウスウェールズ州やクイーンズランド州南部など、オーストラリア南部に広く分布している。

体色は淡い灰色から茶色、暗褐色や赤味を帯びた褐色などで、喉から胸、腹にかけては白っぽい色をしている。
また、四肢や尾の先などは黒っぽく、体毛は粗くて厚い。
一見するとオオカンガルーとよく似ているが、クロカンガルーの鼻面の毛は、非常に細かい毛で覆われている。

体は雄の方がかなり大きく、体つきもがっしりとしていて、成獣の雄は、カレーのような独特の強い匂いをもっている。

森林や開けた森林地帯、低木林や草原などのに生息しているが、クロカンガルーは海岸沿いの原野や放牧地、都市近郊のゴルフコースなどにも姿を見せることがある。
また、分布域が広いため、時にはオオカンガルーと一緒にいることもある。

行動範囲は5.5k㎡程度と考えられていて、普通は40~50頭位までの「モブ」と呼ばれる群れで生活している。
この群れは複数の雌とその子どもたち、そして1頭以上の雄から形成されているが、老いた雄は単独でいることが多い。

草食性で、草類や木の葉、樹皮、茎などを食べるが、日中は休んでいることが多く、菜食は、主に早朝や夕暮れ時に行われる。
また、クロカンガルーは繊維質の多い植物で生活することができ、水はほとんど必要しないと言われている。

移動する様子は特徴的で、ゆっくりと歩くときは四肢と尾を地上につけて移動するが、この時、前足で体を支え、後足をそろえて前に運んで移動する。
跳ねるときは前足は使わず、後足をそろえて跳び、弾みをつけるように尾で地面を打ちつけるようにするが、さらに速度を出すときには、尾は地面につけずに跳躍する。

繁殖形態は一夫多妻で、主に春から夏にかけて交配が行われる。
他のカンガルーと同様、繁殖期には、雄同士が「ボクシング」のような格好で雌をめぐって争う。
その様子は、前足で相手をつかまえ、尾で体を支えるようにして、後足で相手を蹴りつけるようにして、力は強い。

妊娠期間は30日前後で、1産1子。
生まれたばかりの子どもの体重は0.8g程で、すぐに自分の力で育児嚢に入り込んでいく。

子どもは4~5ヶ月程は育児嚢の中で生活し、その後、這い出してくるが、42~46週位までは、育児嚢から出たり入ったりの生活を送る。
更に半年ほどの間は育児され、およそ18ヶ月ほどで完全に離乳する。
雌は1年半から2年程度で性成熟するが、雄はそれよりも遅く、2年から3年程度と言われている。
また、雌は自らの子どもを出産した後も、母親の群れに留まることが多い。

飼育下での寿命は20年程の長さをもっているが、野生下では10年程度とされている。
外敵はディンゴなどで、主に老いたものや幼獣が狙われる。

クロカンガルーは放牧地などにも現れるため、時に害獣として駆除されることがあるが、分布域も広く、現在のところは絶滅の恐れはないとされている。

尚、クロカンガルーは、次の2亜種が確認されている。
・Macropus fuliginosus fuliginosus
南オーストラリア州のカンガルー島に分布している亜種で、四肢や尾、耳などは少し短いとされている。
・M. f. melanops
オーストラリア大陸に分布している亜種で、地域によって毛色や体格などが異なる。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、クロカンガルー 1動物図鑑、クロカンガルー 2動物図鑑、クロカンガルー 3動物図鑑、クロカンガルー 4動物図鑑、クロカンガルー 5動物図鑑、クロカンガルー 6