動物図鑑・オグロワラビー

オグロワラビー (ヌマワラビー) さんのプロフィール



動物図鑑・オグロワラビー

オグロワラビー (ヌマワラビー)

カンガルー目 カンガルー科
学 名 Wallabia bicolor
英 名 Swamp wallaby
分布域 オーストラリア東部
生息環境 主に平地の森林など
体 長 雄で 72~85cm、雌で 67~75cm 程度
尾 長 雄で 69~86cm、雌で 64~73cm 程度
体 重 雄で 12~20kg、雌で 10~15kg 程度

オグロワラビーはオーストラリアの東部に分布している小型のカンガルーで、ビクトリア州からニューサウスウェールズ東部、クイーンズランド州東部などに分布している。

毛は粗く、全体に暗い茶色や暗褐色などをしているが、四肢の先は黒っぽく、体よりも暗い色をしている。
また、尾も黒っぽい色をしていることから、「オグロ」の名前が付けられている。

後足は前足よりも大きく、尾は体長と同じくらいの長さがある。
頬にはしばしば白色や淡い色の帯が見られ、体は雌よりも雄の方が大きく、雌は腹部に育児嚢をもっている。

普段は単独で生活し、下草の多い森林などに生息している。
沼地近くの林に多く見られ、水浴びを好むことから、別名を「ヌマワラビー」などとも呼ばれている。
しかし、耕作地の近くに現れたり、標高1800m辺りの高地にも生息している。

ベネットワラビーパルマワラビーなど、他のワラビー類と同様、草類や木の芽、低木の木の葉やシダ類などを食べるが、採食する時は前足を器用に使って食べる。

基本的に夜行性の動物だが、動物園などの飼育下では日中でもよく活動している。
また、オグロワラビーは他の動物と一緒に同じ場所で採食していることも多く、特に縄張り意識を見せることはない。

移動する時はカンガルーのように後足を使って跳躍するが、ゆっくり移動する時は、前足を地面につけて四肢を使って移動する。

繁殖の時期は決まっていないようで、1年を通して見られる。
雌は妊娠期間33~38日程で、1産1子、稀に2子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は0.6g程度で、8~9ヵ月の間は母親の育児嚢の中で成長する。

授乳期間は15ヵ月程あるが、雌雄共に18ヵ月頃までには性成熟し、野生での寿命は12~15年程度と考えられている。

決まった外敵は知られていないが、オグロワラビーは農作物に被害を与えることがあるので、時に害獣として駆除されることがある。
しかし、現在のところ絶滅の恐れはないとされていて、保護地域の中では、生息域が増加傾向にあるとも言われている。

尚、ワラビーとは小型のカンガルーを指す総称で、体の大きさによって、大きいものをカンガルー、小さいものをワラビー、その間のものをワラルーと呼び、いずれも育児嚢で子どもを育てることなどは同じである。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、オグロワラビー 1動物図鑑、オグロワラビー 2動物図鑑、オグロワラビー 3動物図鑑、オグロワラビー 4動物図鑑、オグロワラビー 5動物図鑑、オグロワラビー 6