動物図鑑・オオカンガルー (ハイイロカンガルー)

オオカンガルー (ハイイロカンガルー) さんのプロフィール



動物図鑑・オオカンガルー

オオカンガルー (ハイイロカンガルー)

カンガルー目 カンガルー科
学 名 Macropus giganteus
英 名 Great Gray Kangaroo / Eastern Grey Kangaroo / Gray Kangaroo)
分布域 オーストラリア東部
生息環境 主に平地の草原や森林など
体 長 100~150cm 程度
尾 長 80~100cm 程度
体 重 30~65kg 前後

カンガルーの仲間はオーストラリアに広く分布しているが、オオカンガルーはオーストラリア東部のクイーンズランド州からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州にかけて分布しているもの(M.g.giganteus)と、タスマニア島に分布しているもの(M.g.tasmaniensis)との2亜種が知られている。

オオカンガルーはアカカンガルーとともにカンガルーの仲間では最大で、別名をハイイロカンガルーとも呼ばれている。

また、雄は雌よりもはるかに大きくなり、後足で立ち上がると2mを超え、体重が80kgを超えるようなものもいる。

毛は柔らかく、毛色はふつう灰色や灰褐色などをしているが、茶色や茶褐色など変化がある。
腹部や四肢の内側、尾の下側などは白っぽい。
また、尾は太く、先は黒っぽい。

習性や食性はアカカンガルーと同じで、ふつうは平地の草原や森林、半砂漠の荒地などに10頭ほどの群れをつくって生活しているが、山地などにも生息している。

群れは普通1頭の雄と2~3頭の雌、その子どもたちと2~3頭の若い雄からなっているが、時には群れ同士が集まって大きな群れをつくることがある。

オオカンガルーは昼間に活動するが、日中は木陰などで休んでいることが多く、主に早朝や夕方から夜間にかけて活動する。
草食性で草や木の芽などのほか様々な木の葉を食べるが、飼育下では果実なども食べる。

カンガルーは走る時には後ろ足で跳躍するが、オオカンガルーの跳躍力は優れていて、ひと跳び8m程も跳び、速く駆けるときには13mを超えると言われている。
また、その高さは1.8m程になると言われ、この時の速さは時速55~60km程にも達する。

オオカンガルーは力も強く、繁殖期の雄同士が争う場合などは、左右の前足で相手をとらえ、強力な後足で相手を蹴り上げる。
この時には、丈夫な尾でバランスをとるようにしている。

一夫多妻で、繁殖期は春から初夏にかけて見られる。
平均的な妊娠期間は34~38日程度で、1産1~2子、普通は1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は僅か1g程度だが、自分の力で育児嚢のなかに入っていく。
子どもは10~11ヶ月で育児嚢を離れ、1年半ほどで独立する。

野生での寿命は7~10年程度、飼育下ではそれよりも長く、15年~20年程度と考えられている。

生息地では交通事故などに会うことがあるが、オオカンガルーの生息数は現在のところは減少しておらず、家畜と競合することから駆除されたりするほか、食用に利用されたりしている。

尚、オオカンガルーは英名のままヒガシハイイロカンガルーなどとも呼ばれたりすることがあるが、英名のWestern gray kangaro(学名Macropus fuliginosus)は国内ではふつうクロカンガルーと呼ばれていて、ニシハイイロカンガルーと呼ぶことの混乱を避けている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、オオカンガルー 1動物図鑑、オオカンガルー 2動物図鑑、オオカンガルー 3動物図鑑、オオカンガルー 4動物図鑑、オオカンガルー 5動物図鑑、オオカンガルー 6