動物図鑑・コアラ

コアラ さんのプロフィール



動物図鑑・コアラ

コアラ

カンガルー目 コアラ科
学 名 Phascolarctos cinereus
英 名 Koala
分布域 オーストラリア東部
生息環境 ユーカリ属の木のある森林など
体 長 雄で 67~85cm、雌で 65~73cm 程度
尾 長 尾はほとんどない
体 重 雄で 5~15kg、雌で4.5~11kg程度

コアラはオーストラリア東部に分布している有袋類で、雌はカンガルーなどのように育児嚢をもっている。
クイーンズランド州からビクトリア州南西部辺りにかけて分布していて、標高600m位までの森林地帯や疎林などに生息し、ユーカリ属の木が多い林を好んで生息している。
体は全体にがっしりとしていて、一見してクマの子どものようにも見えることから、別名でコモリグマなどと呼ばれることもある。

毛色は、背面が灰色や暗灰色などで、腹面は白っぽい。
体毛は羊毛状で密生していて、四肢の先まで毛で覆われている。

耳は大きく、全体に厚く毛が生えているが、口先には毛が生えていない。
また、尾はほとんどなく、外から見えることはない。

四肢には5本の指があり、前肢の第1指と第2指はほかの指と向かい合っていて、物をつかむことができる。
後肢の第2、第3指は癒合しているが、第1指とほかの指は向かい合っていて、前肢のように木の枝などをつかむことができる。

また、体は雄の方が雌よりも大きく、分布域によっても体の大きさに違いが見られる。
雌雄共に南部に分布しているものは北部の固体よりも体が大きく、体毛も長くてフサフサとしている。

コアラは地面に降りることは稀で、ほとんど樹上生活している。
地上での動きはゆっくりとしているが、樹上では前肢の鋭くて丈夫な爪を使って、巧みに移動する。
体に似合わず、樹上での跳躍もなかなかのもので、コアラは数m程度なら離れた樹間を跳び移ることが出来る。

主として夜行性の動物で、日中はほとんど木の上で眠っているか休んでいる。
早朝や夕方には活発に行動するが、1日のうち18時間ほども眠っていると言われている。
また、コアラは樹洞を利用したような決まった巣をつくらず、眠るときなども木の股などに挟まったようにして休む習性がある。

食性は葉食性だが、ほとんどユーカリ属の葉だけを食べるという、特殊な食性をもっている。
ユーカリの葉にはタンニンや油分が含まれていて消化が悪く、ふつうは動物の餌として適さないが、コアラの盲腸は哺乳類の中でもっとも長く2m程もあり、これによって消化を助けている。
しかし、全てのユーカリ属の葉を食べるわけではなく、数種類を選んで菜食している。

繁殖期などは雌雄のつがいや雌と子どもなどで生活しているが、普段は単独で生活し、群れをつくるようなことはない。
平均した行動範囲は雄で0.15~0.3k㎡、雌で005~0.1k㎡程度と、雄の方が広い行動範囲をもっている。
また、成獣の雄の雄の行動範囲は、いくつかの雌の行動範囲を含んでいるほか、雄の胸には胸腺があり、ここから発する臭いや尿などで縄張りを主張する。

繁殖期は10~2月頃で、地域によって違いがある。
一夫多妻で、この時期の雄は小さなハーレムをつくる。
妊娠期間は25~35日程で、普通は1産1子を出産するが、稀に2子を出産することもある。

生まれたばかりの子どもの体重は0.5g未満と小さく、体長も2cm程しかない。
体は全体にピンク色をしていて、毛は生えていない。
目は閉じていて、生後22週前後で目が開くようになる。

雌の育児嚢はウォンバットのように後方に開口していて、子どもは5~7ヵ月程の間は育児嚢の中で育てられるが、5ヵ月頃には育児濃から這い出てきて、出たり入ったりの生活を過ごしている。

この時期には「パップ」と呼ばれる離乳食を食べるようになるが、これは母親が食べたユーカリ属の半消化状態のもので、子どもは母親の肛門からこれを摂取する。
子どもはこの離乳食によってユーカリ属の植物を消化するための微生物を得ると考えられていて、成長すると親と同じユーカリ属の葉を食べるとされている。

8~9ヵ月頃になると育児嚢に入ることはなくなり、しばらくは母親の背中に乗って生活する。
およそ1年程で完全に離乳し、雄は独立して離れていくが、雌はその後の数ヵ月程は親の近くに留まっている。
雌雄共に2年程で性成熟するが、雄はふつう体が大きくなる4年目頃には自分の縄張りをもつようになり、この頃に最初の交尾を行う。

性質はおとなしく、寿命は野生下で12~13年程と考えられているが、飼育下では15年程と少し長く、中には20年を超える記録が知られている。
樹上生活をしている為、外敵は肉食の哺乳類などよりも、大型の猛禽類などに襲われることが多い。

コアラはかつて肉や毛皮をとることを目的として多数が捕獲され、森林破壊などの生息地の減少も相まって非常に個体数が減少し、一部地域のものは絶滅が危惧された時期もあった。
現在では保護政策によって絶滅の恐れは少なくなっていて、一部地域のものは保護政策前よりも生息数が増加している。

尚、以前はフクロギツネなどと同じクスクス科に分類されていたが、現在では本種だけで独立したコアラ科をつくっている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、コアラ 1動物図鑑、コアラ 2動物図鑑、コアラ 3動物図鑑、コアラ 4動物図鑑、コアラ 5動物図鑑、コアラ 6動物図鑑、コアラ 7動物図鑑、コアラ 8動物図鑑、コアラ 9