動物図鑑・アフリカゾウ

アフリカゾウ さんのプロフィール



動物図鑑・アフリカゾウ

アフリカゾウ

長鼻目・ゾウ科
学 名 Loxodonta africana
英 名 African Elephant
分布域 サハラ砂漠以南のアフリカ
生息環境 森林地帯やサバンナ、砂漠地帯の雑木林など
体 長 6~7.5m 程度
尾 長 1~1.3m 程度
体 重 5,800~7,500kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (VU)

アフリカゾウはアジアゾウよりも体が大きく、現存する陸上動物のうちでは最大の動物としてよく知られている。
サハラ砂漠より南のサバンナや森林地帯、河川の渓谷、湿地帯などに生息しているが、分布域はアフリカの広範囲に及んでいるにも関わらず、現在の分布域は断続的で分断されてしまっている。

体色は灰色や灰褐色で、皮膚は厚く、体にはほとんど毛が生えていない。
体は雄の方が大きく、大きい雄では肩高390cm程で、体重が10トンを超えるものもいる。

また、鼻が長いのがゾウの特徴であるが、立っていても地面に届くほどに長い。
この鼻は上唇と鼻が一緒に伸びたもので、中には2本の鼻の穴が通っているが、強い筋肉によって自由に動かすことができる。

鼻の先には指状の突起があり、これを上手に使ってどんなものでも掴むこともできるが、鼻の力も強力で、250kg程の重さのものを持ち上げることができると言われている。
また、この大きな鼻を支える為、ゾウの頭部は体に対して大きくなっていて、首は短い。

アジアゾウとの外見上の違いは、背中の中程がくぼんでいることの他、耳がきわめて大きいことで、雄では幅1m、長さ1.6m程になるものも見られ、耳は肩を覆うほどに大きい。
この大きな耳は体温調整の役割を果たしていると考えられていて、アフリカゾウは日中も暑さをいとわずに行動する。

また、アフリカゾウはふつう前足に4つ、後足に3つの蹄をもっているが、アジアゾウではふつう前足に5つ、後足に4つの蹄をもっている。
このほか、鼻の先に見られる指状の突起も、アフリカゾウでは上下に見られるが、アジアゾウでは上側にひとつだけもっている。

上顎の門歯は無根で、いわゆる牙となっている。
牙は雌雄共がもっていて、この牙はいずれも大きくて見事である。
牙の成長は、雌ではやがて止まるが、雄では成長が遅くなるが伸び続け、長さが4m以上のものも知られている。
しかし、雌の牙も立派なもので、2.5m程の長さがある。

アフリカゾウは日中に活動するが、人との接触が多いようなところでは、しばしば夜間に活動する。
生活形態などはインドゾウと同じ群居性で、家族単位や20~30頭、時にはそれ以上の群れで生活している。

ひとつの家族単位は1頭の雌とその子どもたちからなる3~10頭程の母系社会で、代を重ねることによって群れの数は多くなる。
いずれも1頭の年長の雌が群れを率いているが、群れの数が多くなると、普通は分散して新しい群れをつくる。
また、多くの若い雄は雄同士の群れをつくるが、年老いたものは単独で生活することがある。

食性もアジアゾウに似ているが、アフリカゾウはより葉食性がつよい。
採食する時は、長い鼻を巧みに使って木の葉などを巻き取るようにして食べるが、木の葉や木の枝などのほか、樹皮や果実などを大量に食べ、牙で地面を掘って木の根なども食べる。

体が大きいこともあり大量の植物を食べるが、毎日100~300kg程の食べ物を食べ、1日の多くを採食に費やしている。

水があれば毎日大量に飲むが、水を飲むときも、鼻で吸い込んで口に運んで飲む。
また、乾季に水がなくなった時などは、地面を掘って水を探し出すこともする。

アフリカゾウはサイのように泥浴びをする習性があるが、これは皮膚を乾燥から守ったり、寄生虫などを駆除する為のものと考えられている。
泥浴びの後、岩や樹木に体を擦りつけたりするが、この様子は動物園なども時々見ることが出来る。

ゾウは仲間意識が強く、外敵や銃などで撃たれるなどして傷ついたものを、同じ群れのものが左右からささえて助けようとする。
相手を威嚇するときは耳を広げ、鼻を上に伸ばして大きなほえ声をあげる。
それでも相手がひるまない時は、鼻を下げて突進していく。

アフリカゾウは、アジアゾウに比べると性質は荒いと言われるが、かつて象牙を目的に狩られたり、スポーツとしての狩猟などのため 攻撃的にならざるを得なかったと思われ、普段はおとなしく静かな動物で知能もかなり高い。

また、アフリカゾウはアジアゾウのように家畜として使役されたことはないが、18世紀のはじめくらいまでは軍用として使われてきた歴史がある。
古くは紀元前218年、カルタゴのハンニバルがアフリカゾウを引き連れてアルプス越えをしたことは有名で、アフリカゾウと人との関わりは随分と古い。

一夫多妻で、決まった繁殖期は見られないが、出産は雨季の間に多く見られる。
妊娠期間は長く、20~22ヶ月程で普通は1産1子を出産するが、稀に2子を出産することもある。

生まれたばかりの子どもの体重は100~130kg程で、生後間もなく歩くことが出来るようになる。
2~3年程の授乳期間があり、育児は他の雌たちも協力して行われる。

雌雄ともに10~12年で性成熟し、雄はこの頃には群れを離れ、普通は若い雄同士の群れをつくる。
また、雌は早くても4年の間隔で出産し、寿命は長く、野生で50~70年、飼育下では80年を超すものが知られている。

アフリカゾウは体も大きく力も強いので、ライオンなども成獣を襲うことはないが、幼獣や弱ったものなどはライオンやハイエナなどに襲われることがある。
このような場合は、前述したように、周りのものたちが守るようにしている。

しかし、一番の外敵は人間で、牙を目的とした密猟や生息地の破壊などによって個体数は減少している。
現在、国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、アフリカゾウは絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定されているが、主な生息地は保護区だけになっているとも言われている。

また、アフリカゾウの中でもサバンナや草原に生息しているものをソウゲンゾウ(Loxodonta africana)、森林地帯に生息しているものをシンリンゾウとすることがあるが、シンリンゾウをマルミミゾウ(Loxodonta cyclotis)と呼び、これを独立種とする場合がある。
しかし、森林地帯に生息するマルミミゾウも、サバンナに生息するアフリカゾウと同じく、絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定されている。

尚、ゾウは各地の動物園でも人気のある動物だが、アフリカゾウは日本に1953年に渡来した記録が残されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・アフリカゾウ 1動物図鑑・アフリカゾウ 2動物図鑑・アフリカゾウ 3動物図鑑・アフリカゾウ 4動物図鑑・アフリカゾウ 5動物図鑑・アフリカゾウ 6動物図鑑・アフリカゾウ 7動物図鑑・アフリカゾウ 8動物図鑑・アフリカゾウ 9動物図鑑・アフリカゾウ 10動物図鑑・アフリカゾウ 11動物図鑑・アフリカゾウ 12 動物図鑑・アフリカゾウ 13