動物図鑑・マーラ

マーラ (パタゴニアマーラ) さんのプロフィール



動物図鑑・マーラ

マーラ

齧歯目 テンジクネズミ科
学 名 Dolichotis patagonum / Dolichotis patagona
英 名 Mara / Patagonian cavy / Patagonian mara
分布域 南アメリカ大陸南部
生息環境 岩の多い荒れ地やパンパスなど
体 長 69~75cm
尾 長 4~5cm 前後
体 重 9~15kg
 IUCNによる保存状況評価 /準絶滅危惧種 (NT)

マーラは南アメリカのアルゼンチンやボリビア、パラグアイなどに分布している齧歯類で、本種(Dolichotis patagonum)はアルゼンチン北西部に分布していて、生息している地域名からパタゴニアマーラとも呼ばれている。
マーラの仲間は、この他にDolichotis salinicolaなどが知られているが、国内ではふつう本種を指して、単に「マーラ」と呼ぶことが多い。

体毛は背面が褐色が混ざったような濃灰色で、腹面は褐色や淡褐色をしている。
臀部の辺りは黒っぽく、胸や、或いは下腹部から尾にかけては、後肢を除いて房状になった白い毛が見られる。
尾はかなり短く、人の指くらいの長さしかない。
後肢が長く、耳も長いことから、齧歯類の中ではもっともウサギに似た感じする。

眼は大きいが、強い直射日光から眼を守るようにまつ毛は長く、鼻孔も自由に閉じることが出来る。
また、四肢は細くて長いが、体はテンジクネズミの中では最も大きく、齧歯類の中でも、カピバラビーバーヤマアラシに次いで体が大きい。

主にパンパスと呼ばれる草原や、低木がまばらに生えた草原などに生息しているが、森林や岩の多い荒れ地などにも見られ、草類や茎、根、果実などの植物質のものを食べるが、丈の低いイネ科のものを好む。

昼間に小さな群れで行動し、夜間には地面に掘った巣穴で休む。
巣穴は自分で掘ることもあるが、他の動物が捨てた巣穴なども利用する。

日中に休息するときは四肢を前後にのばして休むようにするが、このような姿勢で休息することは齧歯類の中では珍しい。
また、群れの中の雄は、座って周囲を警戒していることが多い。

ピューマオセロットなどの外敵に襲われると、巣穴には隠れずに走って逃げ、およそ40~90mごとに振り返るようなこともする。
学名の「Dolichotis」は「長い距離を走るもの」という意味で、時速30kmで1km程の距離を走ることができると言われている。
時には時速40km程にも達するとも言われ、ジャンプ力にも優れ、1.6m程も跳躍することが出来る。

マーラは一夫一婦の生活をしていると言われているが、群れをつくる習性があり、特に繁殖期には10~30頭程が集まり、共同の巣穴で共同の育児を行うという変わった社会構造を持っている。

繁殖期は地域によって差があるが、8~12月を中心に多く見られ、年に2回行われると言われている。
妊娠期間は90~110日前後、平均で100日程の後に1産1~4子を出産するが、野生ではふつう1子を出産する。
生まれたばかりの子どもは体重500~600gで、すぐに歩くことが出来る。

11週程の間は授乳されるが、雄は6ヵ月、雌は5ヶ月ほどで成熟すると言われている。
また、雄のマーラは雌に尿をかけてマーキングする習性があり、特に繁殖期には頻繁に行われる。

性質はおとなしく、また臆病でもあるが、飼育下のものはよく馴れる。
寿命は飼育下で7~10年程度、或いは14年とも言われているが、野生ではこれよりも短くなる。

近年は生息地の農地開発や破壊などにより、個体数は減少している
現在、マーラは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、準絶滅危惧種(NT)としてレッドリストに指定されている。

しかし、分布域が限られているほか、狩猟のほか、放牧されたヒツジなどとの競合もあり、更なる個体数の減少が心配されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、マーラ 1動物図鑑、マーラ 2動物図鑑、マーラ 3動物図鑑、マーラ 4動物図鑑、マーラ 5動物図鑑、マーラ 6動物図鑑、マーラ 7動物図鑑、マーラ 8動物図鑑、マーラ 9