動物図鑑・エゾリス

エゾリス さんのプロフィール



動物図鑑・エゾリス

エゾリス

齧歯目 リス科
学 名 Sciurus vulgaris orientis
英 名 Hokkido Squirrel
分布域 北海道
生息環境 主に森林地帯
体 長 22~25cm 程度
尾 長 17~20cm 程度
体 重 300~450g 程度

エゾリスはユーラシア大陸に広く分布するユーラシアリス (Sciurus vulgaris) の亜種で、北海道全域の平野部から、標高1700m程度までの常緑針葉樹林や落葉広葉樹林に広く生息している。

北海道にはエゾリスのほか、シマリス属のエゾシマリス(Tamias sibiricus lineatus)が生息しているが、エゾリスの体はこれよりもかなり大きい。
毛色は、夏は茶色を帯びた灰色やこげ茶色などで、冬には灰褐色となる。
この毛色の変化は季節ごとの保護色の役目を担っているが、腹部は一年を通して白い。

耳は大きく、冬毛では先端に長毛のふさ毛が見られる。
また、尾もフサフサとしていて、長さは20cm程もあり、樹上でのバランスを取るのに役立っている。

エゾリスは樹上性のリスで、木の上を活発に動きまわるが、巣も樹上に作る。
エゾマツやトドマツなどの針葉樹では、木の中間辺りより少し上の枝の付け根に、細い枝や樹皮などで直径30cm程のラクビーボール大のものを作るが、大きいものでは50~70cm程のものも見られる。
また、広葉樹では、キツツキが使い終わった古巣や、木の洞などを利用して巣を作ることが多い。

エゾリスは他のリスと同様、昼間に行動し、普段は単独で生活している。
午前中と夕方には特に活発に活動し、主にクルミやヤマブドウ、ドングリやイチイなどの木の実や芽、種子などを食べるが、花や樹液、昆虫なども食べる。
行動範囲は巣の周りをを中心しているが、特に縄張りはなく、行動範囲はしばしば重なっている。

また、エゾシマリスは冬眠をするが、エゾリスは冬眠せず、秋にはエサの少ない冬に備えて木の実などを地面に埋めておく習性がある。

冬には地面に埋めておいた木の実のほか、樹皮や冬芽、木の枝に生えたコケやキノコなどを食べるが、エゾリスは50cm程も積もっている雪の中から埋めておいた食べ物を探し出すことができる。
しかし、夏は日中を通して活動するが、冬の間は朝のうちだけ活動したり、巣の中で眠っていることが多い。

一夫多妻で、繁殖期は2~3月と5~7月頃に見られ、時に年に2回繁殖することがある。
多くは1年に1回繁殖し、妊娠期間は38~39日程と短く、1産1~7子、ふつうは3~4子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は8~12g程で、毛は生えていない。
8~10週程で完全に離乳し、雌雄共に1年程度で性成熟する。

野生での寿命は6~7年と言われているが、2~4年のものが多く、外敵はキツネタカなどの猛禽類で、危険を感じると尾をふって、するどい警戒音をあげる。

国内にはこの他、本州、四国、九州に生息するニホンリス (ホンドリス / Scriurus vulgaris lis)が見られるが、エゾリスはこれに比べても体が大きく、毛も密で色も濃い。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑、エゾリス 1動物図鑑、エゾリス 2動物図鑑、エゾリス 3動物図鑑、エゾリス 4動物図鑑、エゾリス 5動物図鑑、エゾリス 6