動物図鑑・シマウマ

シマウマ さんのプロフィール



動物図鑑・シマウマ

シマウマ

奇蹄目 ウマ科
学 名 Equus
英 名 Zebra
分布域 アフリカ東部や南部など
生息環境 サバンナや草原、丘陵や山地など
体 長 2~2.8m 程度
尾 長 40~60cm 程度
体 重 200~450kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 種によっては絶滅危惧種

シマウマは白と黒のはっきりとした縞模様で、特徴のある毛色をしていることでよく知られている。
奇数目・ウマ科に属しているが、ウマの中でも他のものとの区別も容易で、各地の動物園でも必ずと言っていいほど飼育されていて、また、人気がある。

尾にも縞が見られ、先には長い毛があるが、体は競走馬のような体つきではなく、ロバに似ている。
実際の系統もロバに近縁で、シマウマは耳が大きく、タテガミもロバのような感じで、鳴き声もロバに似ている。

指先で歩く指行性で、第1指(親指)と第5指(小指)は退化していて、体重は第3指(中指)にかかり、爪は半円形をした蹄になっている。
口先はやわらかくてよく動き、上下の歯もきっちりと噛み合わさっていて、草類を食べるのに適している。
視覚や嗅覚は鋭いが、聴覚も優れていて、大きな耳はほとんどの方向に向けることができる。

体の大きさには差があるが、平野部に生息しているサバンナシマウマでは2~2.7m、体重は220~360kg程で、山地に生息しているヤマシマウマの仲間は少し小さい。

また、体に見られる縞模様も亜種によって変化があり、幅の広いものや狭いものなどのほか、縞と縞の間に薄い影縞が見られるものや、四肢の先まで比較的はっきりとした縞があるものなども見られる。
また、縞模様は全ての固体で違っている。

シマウマの黒白の縞模様は遠くからでも目立つように思われるが、実際は保護色の役目を果たしている。
動物園などでも、何頭かのシマウマが集まっていると、実際の頭数を数えるのが案外難しい。
自然下でもこれと同じで、一見派手で目立つように見える縞模様も、樹木や岩などに同化してしまって、見つけるのが難しくなっている。

シマウマは草原やサバンナ、低木林などに生息している印象が強いが、シマウマは丘陵や山地などに生息していて、様々な環境で生活している。
群れで生活しているが、普通は1頭の雄を中心として、複数の雌、その子どもたちからなるハーレム的な群れをつくっていて、若い雄は単独か、そられが集まって小数のグループをつくって生活している。
キリンヌー、ダチョウなどと一緒にいることも多く、草類を主に食べるが、果実や木の芽、低木や小枝なども食べる。

外敵はライオンヒョウチーターハイエナなどで、ウマほどは速く走れないが、それでも65km/h程の速さで走ることができる。
逃げるときは巧みにジグザグに走って追跡をかわすほか、追い詰められたような場合は、強力な後足で蹴って反撃する。

一夫多妻で、決まった繁殖期は見られないが、出産は雨季の頃に多く見られる。
妊娠期間は12~13ヵ月程で、普通は1産1子を出産する。

生まれたばかりの子どもは、すぐに立ち上がることが出来る。
寿命は野生のもので15~20年、飼育下では25年程度と言われている。

尚、シマウマの仲間は様々で、亜種間の関係のほか、幾つかの亜種についてもよく分かっていない。
現在は絶滅してしまっているクアッガなども、以前はサバンナシマウマとは別種とされていて、サバンナシマウマの学名はEquus burchelliと記述され、グラントシマウマもバーチェルシマウマの亜種として扱われていた。

詳しいことは今後の調査・研究に頼らなければならないが、現在は、平野部に生息しているサバンナシマウマと山地に見られるヤマシマウマ、それに体の大きいグレビーシマウマを別のグループとして扱うことが多い。

グレビーシマウマ (Equus grevyi / Grevy's zebra)
エチオピやケニア北部、ソマリアなどの乾燥した草原地帯に生息している。
シマウマの中ではもっとも体が大きく、体長250~280cm、体重は350~450kg程になる。
ほかのシマウマに比べて縞が細く、縞数も多い。
現在は生息数が減少していて、国際自然保護連合では絶滅危惧種(EN)に指定している。
サバンナシマウマ (Equus quagga / Plains zebra)
サバンナや草原などに生息しているシマウマの仲間で、いつくかの亜種が知られている。
エチオピアからケニア、タンザニアを経て、ボツワナ、ジンバブエなど、アフリカ東部や南東部に分布していて、アンゴラやナミビアの一部、南アフリカ共和国北部など、シマウマの中でも広範囲に分布している。

バーチェルシマウマ (Equus quagga burchellii / Burchell's zebra)
一時は絶滅していたと考えられていた亜種で、現在はアフリカ南西部のスワジランド周辺に生息していると言われている。
詳しいことを今後の調査などを待たなければならない。
・グラントシマウマ (Equus quagga boehmi / Grant's zebra)
動物園などでももっともよく見られるシマウマで、モザンビーク北部からザンビア、タンザニア、コンゴ、ケニアなどの草原やサバンナ地帯に生息している。
体長は2~2.4m、体重は220~270kg程度で、サバンナシマウマの中ではもっとも体が小さい。
薄い影縞は見られないが、ふつうは四肢の先まで縞模様がある。
チャップマンシマウマ (Equus quagga chapmani / Chapman's zebra)
グラントシマウマによく似ているが、体長2.2~2.7m、体重は230~360kg程で、グラントシマウマよりは体が大きい。
また、体にある縞と縞の間には、薄い影縞をもっている。
分布域もグラントシマウマと重なっているが、その領域は狭い。
・セルーシマウマ (Equus quagga borensis / Selous' zebra)
体重300kg、体高は1.5m程度で、影縞はなく、はっきりとした白黒模様をしている。
主にモザンビークに分布しているが、現在は生息数がきわめて少なく、国際自然保護連合では絶滅危惧種(CR)に指定している。
・クロウシェイズシマウマ (Equus quagga crawshayi /Crawshay's zebra)
体長2.1m、体重270~310kg、体高1.2m程で、グラントシマウマよりは少し大きい。
四肢の先まではっきりとした縞模様があり、マラウイからモザンビーク辺りの草原やサバンナなどに生息している。
・クアッガ (Equus quagga quagga / Quagga)
既に絶滅してしまっている亜種で、南アフリカ共和国などに分布していた。
頭部から肩にかけて縞模様があり、体の後半部や腹面、四肢には縞がなく、体長2.5m、体高は1.3m程度であったと言われている。
また、以前は別種とされていたが、現在はサバンナシマウマの亜種とされている。
ヤマシマウマ (Equus zebra / Equus zebra)
サバンナシマウマよりも一般に縞の感覚が狭く、縞数は多いが、腹部には見られない。
また、首の下にはウシ科に見られるような肉垂れをもっている。
南西アフリカの山岳地帯に生息していて、ふつうは2亜種に別けられている。

ハートマンヤマシマウマ
(Equus zebra hartmannae / Hartmann's mountain zebra)
アンゴラからナミビア西部の山岳地帯に生息している、
ケープマンシマウマよりはやや大きく、体長2.6m、体重は270kg程度。
グレビーシマウマほどではないが縞数が多く、四肢の先まで縞があり、首には肉垂をもっている。
生息数が少なく、国際自然保護連合のレッドリストに絶滅危惧種(VU)として指定されている。
・ケープヤマシマウマ (Equus zebra zebra / Cape mountain zebra)
シマウマの中では最も小型の亜種で、南アフリカ共和国やナミビアの山地に生息している。
ハートマンヤマシマウマよりは耳が大きく、首にある肉垂も大きい。
現在は国際自然保護連合のレッドリストに絶滅危惧種(VU)として指定されている。

多くの野生動物と同様、シマウマも近年の耕作地の開発などによって生息地が減少している。
それに伴って生息数も減少傾向にあるが、シマウマは大型肉食動物の獲物にもなっていることから、シマウマの減少はこれらの動物へも影響するものとして心配されている。

このほか、シマウマは動物園でも人気があるが、案外気が荒く、人には馴れにくくて、ロバのように家畜として利用されることない。


*右列写真の下8枚はいずれもチャップマンシマウマ、その他はグラントシマウマ



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、シマウマ 1動物図鑑、シマウマ 2動物図鑑、シマウマ 3動物図鑑、シマウマ 4動物図鑑、シマウマ 5動物図鑑、シマウマ 6動物図鑑、シマウマ 7動物図鑑、シマウマ 8動物図鑑、シマウマ 9動物図鑑、シマウマ 10動物図鑑、シマウマ 11動物図鑑、シマウマ 12動物図鑑、シマウマ 13動物図鑑、シマウマ 14