動物図鑑・サバンナモンキー

サバンナモンキー (ベルベットモンキー / ミドリザル) さんのプロフィール



動物図鑑・サバンナモンキー

サバンナモンキー
(ベルベットモンキー / ミドリザル)

霊長目 オナガザル科
学 名 Chlorocebus
英 名 Savannah monkey / Grivet Monkey / Vervet monkey
分布域 アフリカのサハラ砂漠より南
生息環境 主にサバンナ地帯
体 長 雄で42~60cm 程度、雌で30~50cm 程度
尾 長 30~50cm 程度
体 重 雄で4~8kg 程度、雌で3.5~5.5kg 程度

サル類の多くは食料の豊富な森林地帯に生息しているが、中には開けた草原やサバンナ地帯、岩場などに生息しているものもいて、広義の「サバンナモンキー」とは主として草原地帯に生息しているものを指していて、ヒヒの仲間なども含まれている。

一般にはアフリカのサハラ砂漠より南に分布しているオナガザル科の旧世界ザルを指していて、パタスザルグリベットモンキーなど幾つかの種が知られているが、この中でもグリベットモンキーなどが属しているオナガザル科のchlorocebus属のものを指してサバンナモンキーと呼んでいる。

体長は平均すると30~60cm程で、体は全体に細っそりとしている。
また、四肢は長く、尾も体長と同じくらい長い。
体は雄の方が大きいが、雌雄共にニホンザルと同じように、頬には食べ物を一時の間蓄えておくことのできる頬袋をもっている。

毛は短くてビロード感があり、毛色は淡い黄色や灰色やオリーブ色を帯びた茶色、ダークブラウンなどで、アグーチ色のような感じもするが、毛色や体格は種によって変化がある。
しかし、顔や四肢の先には毛がなく、黒っぽい色をしていて、顔の周りにはフサフサとした白い毛が見られる。
この白い毛は胸から腹部へ続き、四肢の内側なども白っぽいほか、雄の陰茎は赤色、陰嚢は青色で、遠くからでもかなり目立つ。

ほとんどのものはサバンナ地帯で生活しているが、岩山や半砂漠地帯などでも見られる。
複数の雄に率いられた群れで生活し、大きいものでは70~100頭程が一緒に生活していることもある。

昼間に活動し夜は木の上で休むが、半樹上性の生活をしていて、他のサル類よりも地上性が強い。
日中の多くを地上で過ごしていて、早朝や夕方には特に活発に活動し、動きも敏捷で跳躍力にも優れている。

果実や木の実、木の葉、根などの植物質のものを食べるが、昆虫やトカゲ、鳥や鳥の卵など、動物質のものもかなり食べ、サバンナモンキーは季節によって様々なものを食べている。
行動範囲は0.06~1.78k㎡程と言われているが、河川や湖沼などの水場から遠く離れることはなく、水は毎日飲む。

一夫多妻で、平均した妊娠時間は163~165日程で、雨季のはじまる頃にふつうは1産1子を出産する。
子どもは半年ほどで離乳し、雌雄共に4~5年で性成熟する。
また、雌は出生群に残るが、雄は性成熟する頃には群れを離れていく。

外敵はライオンヒョウチーターハイエナなどで、野生での寿命は10~12年程度と言われているが、飼育下ではこれよりも長く、20年を超えることが知られている。

尚、現在chlorocebus属のものは下の6種が認識されているが、これらをひとつの種(グリベットモンキー/Cercopithecus aethiops)として扱うこともあり、呼称も単にサバンナモンキーと呼ばれる他、ミドリザルやグリーンモンキー、ベルベットモンキーなどとも呼ばれ、混乱を生じさせることもある。

Green monkey(ミドリザル・グリーンモンキー) / Chlorocebus sabaeus
セネガルからガーナ辺りにかけての西アフリカに分布。
毛色は黄色が混ざった緑色のような色をしている。
Grivet(グリベットモンキー) / Chlorocebus aethiops
スーダン西南部からエチオピア北部、エリトリアなどに分布。
頬の毛は比較的長くて白い。
Bale Mountains vervet / Chlorocebus djamdjamensis
エチオピアのベール山脈に分布している。
生息数が少なく、国際自然保護連合のレッドリストでは、絶滅危惧種(VU)に指定している。
Tantalus monkey(タンタラスモンキー) / Chlorocebus tantalus
ガーナからナイジェリア、中央アフリカを経てスーダン南部辺りにかけて分布している。
現在は3亜種が知られているが、以前はグリベットモンキーの亜種とされていた。
Chlorocebus tantalus tantalus
・C.t. budgetti
・C.t. marrensis
Vervet monkey(ベルベットモンキー) / Chlorocebus pygerythrus
以前はグリベットモンキーとして扱われていたが、現在は独立した種として5亜種が知られ、エチオピア南部からケニア、タンザニアを経て、南アフリカ共和国に至るアフリカ南西部に分布している。
・Chlorocebus pygerythrus excubitor
・C.p. hilgerti
・C.p. nesiotes
・C.p. pygerythus
・C.p. rufoviridis
また、本種はマルブラウクモンキー(Malbrouck monkey / Chlorocebus cynosuros)と同種とされる場合やグリベットモンキーの亜種とされることもある。
Malbrouck monkey(マルブラウクモンキー) / Chlorocebus cynosuros
コンゴ民主共和国南部やザンビア、アンゴラ北部などに分布。
   グリベットモンキーやベルベットモンキーの亜種とされる場合もある。

この他、サバンナモンキーはアカゲザルカニクイザルなどと共に医学などの実験動物としても使われているが、近年では生息地の開発などによって個体数は減少傾向にある。


*写真右下2枚はマルブラウクモンキー、他はグリベットモンキー。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、サバンナモンキー 1動物図鑑、サバンナモンキー 2動物図鑑、サバンナモンキー 3動物図鑑、サバンナモンキー 4動物図鑑、サバンナモンキー 5