動物図鑑・クロヒョウ

クロヒョウ さんのプロフィール



動物図鑑・クロヒョウ

クロヒョウ

食肉目 ネコ科
学 名 Panthera pardus
英 名 Panther / Leopard
分布域 中国から東南アジア、インドから中央アジア、アラビア半島、アフリカまで、幅広く分布する
生息環境 山地から熱帯雨林、乾燥地帯や湿地帯まで、生息域は広い
体 長 雄で140~190cm 、雌では120cm 前後
尾 長 雄で90~110cm 、雌で80~90cm 程度
体 重 雄で40~90kg、雌で30~60kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種 (NT)

クロヒョウはヒョウの黒変種で、普通の毛色をもった両親からしばしば生まれることがあり、1腹で普通のヒョウとクロヒョウが生まれることもある。
毛色は全身が黒色や暗褐色、黒褐色などだが、よく見ると、ヒョウの特長である梅花状の斑紋が認められる。

分布域や生息地などはヒョウと同じで、アジアからアラビア半島、アフリカまで幅広く分布し、生息域も森林地帯やサバンナにある藪、深い草むらのある岩場など、かなり広い。

生態や習性なども普通のヒョウと同じで、普段は単独で生活している。
また、昼間も活動するが、夕方から夜間にかけて活動することも多い。

力が強く、シマウマシカ類などを捕らえるが、ヒヒハヌマンラングールなどのサル類も捕らえるほか、鳥や爬虫類なども食べる。
動きは大変敏捷で、木登りや泳ぎもうまく、運動能力に優れている。

ヒョウとよく似たジャガーにも、黒変種のクロジャガーが生まれることがあるが、ヒョウやクロヒョウを含め、近年では生息地の開発や密漁などによって生息数が減少していて、現在は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、いずれもレッドリストに準絶滅危惧種(NT)として指定されている。

また、ヒョウの仲間であるアムールヒョウユキヒョウなどは特に生息数が減少しており、これらはレッドリストに絶滅危惧種として指定されている。

この他、トラライオンなどでは、白変種のホワイトタイガーやホワイトライオンが生まれることがある。

右下の写真は普通の毛色をしたヒョウ。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、クロヒョウ 1動物図鑑、クロヒョウ 2動物図鑑、ヒョウ