動物図鑑・ダイアナモンキー

ダイアナモンキー さんのプロフィール



動物図鑑・ダイアナモンキー

ダイアナモンキー

霊長目 オナガザル科
学 名 Cercopithecus diana
英 名 Diana monkey
分布域 西アフリカ
生息環境 密生した原始林など
体 長 雄で 50~62cm 程度、雌で 42~48cm 程度
尾 長 雄で 75~90cm 程度、雌で 52~73cm 程度
体 重 雄で 5~7kg 程度、雌で 4~5kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種(VU)

ダイアナモンキーは中型のオナガザルで、シエラレオネからコートジボワール辺りまでの西アフリカに分布している。

体は雄の方が大きいが、雌雄共に体つきはほっそりとしている。
毛色は黒い部分と白い部分がはっきりと分かれているが、黒っぽい部分は暗灰色のような色合いで、背中や後肢の後ろなどは赤褐色をしている。

頬から胸、前肢の内側などは白っぽく、後肢にも白い毛が筋のように生えている。
顔は黒くて、額にも白い毛が見られるが、これが三日月形に見えることから、「ダイアナ(ローマ神話の月の女神)」と名付けられている。
また、尾は黒くて体長よりも長いが、歩くときは、尾をかかげて歩く。

森林地帯に生息し、ほぼ完全な樹上生活をしている。
地上に降りることはめったに見られず、15~20m程の高さの樹冠部で過ごすことが多い。
また、背の高い樹木が密生した原始林を好み、二次林では見られないと言われている。

普通は1頭の成熟した雄を含む、15~30頭程の群れで生活し、主に木の葉や花、果実や種子、樹脂などを食べるが、雑食性で、昆虫や無脊椎動物なども食べる。

行動範囲は食糧事情や群れの大きさなどによって変化があるが、およそ0.5~1平方km程と言われていて、他の群れとは縄張りを争うが、他の種のサルとは一緒にいることがある。
また、ダイアナモンキーは日中に活動し、夜間は樹上で休むが、巣を作るようなことはない。

決まった繁殖期は見られず、一夫多妻で、雌は妊娠期間5ヶ月ほどの後、1産1子、稀に2子を出産する。
子どもは半年ほどで離乳し、雌雄共に3年程で性成熟する。
この頃には、雄は群れを離れていくが、雌はそのまま群れに留まっている。

野生での寿命は20年程度、飼育下では30~35年程度と考えられていて、外敵はヒョウチンパンジーなどだが、樹上生活していることもあり、ワシなどの大型の猛禽類に教われることもある。

ダイアナモンキーは美しいサルだが、狩猟や森林伐採などによる生息地の減少により、現在は国際自然保護連合(IUCN)によって、絶滅危惧種(VU)に指定される状況になってしまっている。

この他、これまでダイアナモンキーの亜種とされていたふつの亜種C. d. roloway と C. d. dryas は、現在、いずれも独立した主として扱われていて、
・Roloway monkey (Cercopithecus roloway)
以前の C. d. roloway で、ササンドラ川からガーナのプラ川までに分布
Dryas monkey (Cercopithecus dryas)
以前の C. d. dryas で、Salonga monkey、Ekeleなどとも呼ばれている。
コンゴ民主共和国に分布している

とされているが、これらの2種も生息数が減少している。
いずれも絶滅が心配されていて、C. roloway は絶滅危惧種・ENに、C. dryas は更に個体数が少なく、絶滅危惧種・CRに指定されている。
動物図鑑・ダイアナモンキー 1 動物図鑑・ダイアナモンキー 2 動物図鑑・ダイアナモンキー 3 動物図鑑・ダイアナモンキー 4 動物図鑑・ダイアナモンキー 5 動物図鑑・ダイアナモンキー 6




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
 このページの先頭へ