動物図鑑・シロビタイキツネザル

シロビタイキツネザル さんのプロフィール



動物図鑑・シロビタイキツネザル

シロビタイキツネザル (シロビタイレムール)

霊長目 キツネザル科
学 名 Eulemur albifrons
英 名 White-headed lemur / White-headed brown lemur / White-fronted brown lemur / White-fronted lemur
分布域 マダガスカル島
生息環境 低地の湿地林や熱帯雨林など
体 長 39~42cm 程度
尾 長 50~54cm 程度
体 重 2~2.6kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

シロビタイキツネザルは中型のキツネザルで、他のキツネザルと同様、マダガスカルの固有種とされている。

目から鼻にかけては裸出していて黒っぽいが、全身が長くて厚い毛に覆われている。
尾は体長よりも長く、やはり厚くて長い毛に覆われている。
また、目はオレンジ色や赤味の強いオレンジ色のような色をしていて、四肢にはいずれも5本の指がある。

体色はふつう暗い褐色や濃茶色などをしているが、喉から腹部にかけては淡い色をしている。
また、雄の顔の周りの毛は白っぽく、これが名前の由来になっている。
雌も、僅かに顔の周囲が淡く感じられるが、全体に体と同じような色をしている。

一見するとブラウンキツネザル(チャイロキツネザル・Brown Lemur / Eulemur fulvus)とはよく似ていて、以前はチャイロキツネザルの亜種(Eulemur fulvus albifrons)とされていたが、雌雄共によく似ている。

シロビタイキツネザルはマダガスカルの北東部に分布していて、低地の湿地林や熱帯雨林などに生息している。
ふつうは樹冠の頂部で見られ、ほとんどの時間を樹木の上で過ごしている。

地上では四足歩行するが、四肢には把握力があり、活発に樹上を動き回ることができる。
長い尾もバランスをとるのに役立っていて、かなり距離のある樹間や枝の間も飛び移ることができる。

決まった活動時間は見られず、シロビタイキツネザルは昼夜共にさまざまな時間に活動すると考えられている。
また、3~12頭、平均すると5~7頭程度の群れで生活しているが、特に階層構造は見られないと言われている。

果物や木の葉、花や樹皮、樹液などを食べるが、雑食性で、鳥やその卵のほか、昆虫やムカデ、ヤモリ類なども食べる。

一夫一婦や一夫多妻など、交配の様子などは分かっていないが、繁殖期は6月で、妊娠期間120日程で、雌はふつう1産1子を出産する。
子どもは、生後3週間ほどは母親の腹にしがみついているが、3週間が過ぎる頃には、背中に移って移動するようになる。
4~6ヵ月後には離乳し、寿命は20~25年と考えられているが、飼育下では36年のものが知られている。

このほか、シロビタイキツネザルの外敵にはフォッサなどが挙げられるが、フォッサなどよりも、むしろ食料を目的とした狩猟のほか、開発による生息地の減少などによって、他のキツネザルと同様、生息数が減少している。

現在、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種(EN)に指定され保護されているが、更なる生息数の減少も心配されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・シロビタイキツネザル 1 動物図鑑・シロビタイキツネザル 2 動物図鑑・シロビタイキツネザル 3 動物図鑑・シロビタイキツネザル 4 動物図鑑・シロビタイキツネザル 5 動物図鑑・シロビタイキツネザル 6 動物図鑑・シロビタイキツネザル 7