動物図鑑・バーラル

バーラル  さんのプロフィール



動物図鑑・バーラル

バーラル

偶蹄目 ウシ科
学 名 Pseudois nayaur
英 名 Bharal / Blue Sheep
分布域 チベット高原辺り
生息環境 主に山岳地帯
体 長 120~170cm 程度
尾 長 10~20cm 程度
体 重 40~75kg 程度

バーラルはネパールやチベット、ブータン、インド、パキスタン、中国南部やミャンマーなどのヒマラヤ山脈からチベット高原にかけて分布しているウシ科の動物で、一見してヤギに似た感じを受けるが、あごひげはない。

幾つかの亜種に別けられるが、体色は青みを帯びた灰色や、茶色を帯びた灰色などで、腹部は白い。
また、腹部との境目は黒っぽく、体は雄の方が少し大きい。

バーラルには雌雄ともに角があり、雄の角は横に広がった感じで後上方に曲がって伸びていて、基底は太く、長さは80cm程に達するものもいる。
これに対して、雌の角は短くて、20cm程度のものがほぼ真っ直ぐに伸びている。

バーラルは山岳地帯などの岩場のある斜面などに生息していて、夏期には10~50頭程の群れをつって、標高3,500~5,000m程の高地で生活している。
また、5000mを超えるところにも姿を見せることがあり、群れの数は食糧事情などによっても大きく変わり、時には100頭を超える群れをつくることもある。
しかし、餌の少なくなる秋になると、1頭の雄を中心とした少数の群れになり、標高の低いところに降りてくる。

日中の間に活動し、主に草類を採食するが、餌の少ない時期にはハーブや樹皮、低木なども食べる。

外敵はユキヒョウが挙げられるが、子どもはキツネワシなどの猛禽類に襲われることもある。
危険を感じるとじっとして動かずにいるが、これはバーラルの毛色が岩に似た保護色の役目を果たしているためで、周囲に溶け込むようにして身を守っている。
また、逃げる時には急峻な崖などに素早く逃げていき、距離があくとまたじっとして様子を伺っている。

繁殖期は11月下旬から2月頃で、妊娠期間4~5ヶ月程で、1産1~2子を出産する。
雌は2年程で成熟するが、雄は5~7年で完全に成熟し、この頃には、角は45~55cm程の長さになっている。
飼育下での寿命は20年程度、野生では10~15年ほどと言われている。

現在のところは絶滅の恐れはないとされているが、食料としての狩猟のほか、家畜の放牧地の拡大などによって、バーラルの生息地は減少傾向にあり、生息数の減少も懸念されている。

このほか、バーラルには
 ・Pseudois nayaur nayaur (Himalayan blue sheep)
 ・P. n. szechuanensis (Chinese blue sheep・Szechuan Bharal)
 ・P. n. ssp. (Helen Shan blue sheep)
などの亜種が知られているが、絶滅危惧種(EN)に指定されている Pseudois shaeferi(Dwarf blue sheep・チベットに分布) も、バーラルの亜種ではないかと考えられている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・バーラル 1 動物図鑑・バーラル 2 動物図鑑・バーラル 3 動物図鑑・バーラル 4 動物図鑑・バーラル 5 動物図鑑・バーラル 6 動物図鑑・バーラル 7