動物図鑑・ヒマラヤタール

ヒマラヤタール さんのプロフィール



動物図鑑・ヒマラヤタール

ヒマラヤタール

偶蹄目 ウシ科
学 名 Hemitragus jemlahicus
英 名 Himalayan tahr
分布域 パキスタンからインド北部やネパール、チベットなど
生息環境 山岳地帯
体 長 90~140cm 程度
尾 長 12~20cm 程度
体 重 35~90kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種(NT)

ヒマラヤタールは、パキスタン北部からインド北部、ネパール、チベット南部のヒマラヤ山系などに分布しているウシ科の有蹄類で、ブータンにも分布すると言われている。

体は雄の方が大きく、雄の平均体重が73kgであるのに対して、雌では平均36kg程度と言われている。
しかし、いずれも四肢が短く、胴が長いように見える。

角は雌雄共にもっているが、この角は湾曲するように後方に向かって伸びていて、断面は三角形をしている。
また、雄の角は45cm程に成長するが、雌は短く、20~25cm程しか成長しない。

毛色は赤褐色や暗褐色のような色合いで、背面の正中線上に沿って暗色の縦縞が見られる。
体毛は長くて厚いが、冬が終わる頃には短くて薄くなり、毛色も薄い色になる。
また、顔は暗色で、雄の方がより黒っぽい色をしている。

一見するとムフロンなどに似ているが、ムフロンはヒツジの仲間だが、ヒマラヤタールはヤギに近いとされていて、角の形も異なっている。
マーコールとも似ている感じがするが、やはり角の形が違っていて、マーコールの顎ひげは長く、特に雄ではよく目立つ。

ヒマラヤタールは岩の多い山岳地帯の森林に生息しているが、ヒマラヤでは、主に標高2500~5000m程の山の斜面や断崖などに生息している。
草類や木の実、果実などを食べるが、ヒマラヤタールは複雑な消化器系をもっていて、反芻をする。
木の枝なども食べるが、標高の高いところにいるものは、食べ物が雪に埋もれて乏しくなる冬季には、標高の低いところに降りてくる。

2~20頭ほどの群れをつくって生活しているが、繁殖期以外は、雄は単独や雄だけの群れをつくり、雌は子どもと一緒の群れをつくっている。
また、群れの中でははっきりとした順位は見られないが、雌雄共に、体が大きくて強いものは一般に優位にある。

昼間に活動するが、早朝や夕暮れに活発に活動し、日中は休んでいることが多い。
また、朝には斜面を登り、日中の間は反芻などをして休んでいて、夕方になると斜面を降りるという、垂直方向への移動を毎日行っている。

脚力や跳躍力に優れていて、険しくて急峻な斜面でも、驚くほど敏捷に登ってしまう。
このような運動能力は険しい山岳地帯で生活するためのものだが、ヒマラヤタールは、前足が届くような岩などがあれば、体長ほどの高さでも登ることができ、前足の蹄がかかる程度の足場でも断崖を登ってしまう。

ムフロンなども急峻な岩場や崖のようなところを好むが、ヒマラヤタールはより足場の悪いような岩場を好み、体を休めるときも、岩の縁に体を貼り付けるようにして休んでいる。
また、性質はおとなしいが、ムフロンが人に慣れやすいのに対して、ヒマラヤタールは人に慣れないとも言われている。

繁殖期は10~1月頃で、この時期の雄は、ライオンを思わせるような長くて白っぽいタテガミが生えてくる。
雄は雌をめぐって激しく争うが、体の大きいものや角の大きいものが優位とされている。

雌雄共に複数のものと交配すると言われていて、雌の妊娠期間は半年ほどだが、長ければ8ヶ月程度とも言われている。
出産は4~7月に見られ、雌は1産1~2子、ふつうは1子を出産するが、出産するときは群れから離れる。
子どもは3時間ほどで歩くことができるようになり、数日後には、母親と一緒に群れに入っていく。

雌雄共に2年程で性成熟するが、雄は4歳までは滅多に交配しないと言われている。
また、雄は成熟する頃には母親の元を離れ、雄だけの群れに入っていく。

野生での寿命は10~15年程だが、飼育下では22年近くのものが知られている。
また、雌は雄よりも寿命が長いと言われている。

外敵はユキヒョウなどだが、野生下では雪崩や斜面の崩壊なども脅威となっている。

このほか、ヒマラヤタールはニュージーランドやアルゼンチン、南アフリカやアメリカ合衆国の幾つかの州などに移入されているが、ニュージーランドでは原生植物に大きな影響を及ぼしているとも言われている。

一方、自然分布域では狩猟や開発による生息地の喪失などにより生息数が減少していて、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに準絶滅危惧種(NT)として指定されいる。
尚、ヒマラヤタールには、亜種はいないとされている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・ヒマラヤタール 1 動物図鑑・ヒマラヤタール 2 動物図鑑・ヒマラヤタール 3 動物図鑑・ヒマラヤタール 4 動物図鑑・ヒマラヤタール 5 動物図鑑・ヒマラヤタール 6 動物図鑑・ヒマラヤタール 7 動物図鑑・ヒマラヤタール 8 動物図鑑・ヒマラヤタール 9