動物図鑑・マーコール

マーコール  さんのプロフィール



動物図鑑・マーコール

マーコール

偶蹄目 ウシ科
学 名 Capra falconeri
英 名 Markhor
分布域 ヒマラヤからカシミール地方など
生息環境 山岳地帯
体 長 110~180cm 程度
尾 長 8~14cm 程度
体 重 雄で80~110kg、雌で32~50kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種(NT)

マーコールとは、ペルシャ語で「野生ヤギの王」という意味で、名前の通り、最も体が大きいヤギの仲間として知られている。
アフガニスタン北東部、インド北部、パキスタンの中部や北部、タジキスタン南部とウズベキスタン南部など、ヒマラヤ山脈からその西側に連なるカシミール地方を中心に点在的に分布している。

地域によっていくつかの亜種に別けられるが、毛色は夏季には茶色や赤褐色で短く、冬期には灰色を帯びて長くなるが、腹部は白っぽい。
雄の方が体が大きく、所謂ヤギのヒゲは雌では短いが、雄の成獣では長くて首から胸にまで達し、頭部や肩などの毛も長くなる。

一見すると、外見はムフロンなどに似た感じもするが、ムフロンはヒツジの仲間で、マーコールのようにあごひげなどは見られない。

マーコールは雌雄共に角をもっているが、この角は同じウシ科ブラックバックほどではないが、コルクの栓抜きのような特徴的な形をしている。
湾曲の角度や方向などは亜種によって少し異なるが、マーコールの角は平たくねじれているのが特徴で、雌では25cm程の長さだが、雄では大きく、長いものでは160cm程にもなる見事なものである。

また、雌の角は雄の角ほど大きくて丈夫ではないため、角突きなどで折れたりして、しばしば歪な形に伸びることがある。

標高600~3500m程の乾燥した山岳地帯に生息し、森林の間にある岩場や草原などで生活している。
雌やその子ども達は8~10頭程の小さな群れをつくって生活しているが、雄は繁殖期以外は単独で生活している。

草食性で主に草類を食べ、早朝や夕方に活発に行動すると言われているが、マーコールの大部分は日中もよく活動する。
また、夏場は高所で生活し、食物の少ない冬場は低地へ移動し、コケ類や木の根、低木なども食べる。

外敵はユキヒョウオオカミヒマラヤグマ(ツキノワグマ)、オオヤマネコなどが挙げられるが、視覚と嗅覚に優れ、危険を感じると急峻な岩などを巧みに駆け上がって身を守る。

一夫多妻で、繁殖は秋から冬にかけて行われる。
この時期の雄は、角を打ち合って激しく争うが、雌は妊娠期間135~170日、平均150日程で、1産1~2子、ふつうは1子を出産する。

子どもは出生後すぐに歩くことができ、5~6ヶ月で離乳する。
雌は早いもので18ヵ月、遅いものでも30ヵ月程で性成熟するが、この頃までは親と一緒に生活している。
また、雄は雌よりは少し遅く、3年程で性成熟し、雌雄共に野生での寿命は11~13年程度と言われている。

マーコールは家畜種のヤギの原種のひとつと言われ、かつては生息数も多かったが、珍しい形の角を目的とした乱獲や、家畜ヤギの放牧地の拡大などで、生息数はかなり減少している。

一時、マーコールは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、絶滅危惧種(EN)としてレッドリストに指定されていたが、保護活動などにより生息数はやや回復し、現在は準絶滅危惧種に指定されている。

このほか、マーコールの亜種には
 ・Capra falconeri falconeri (Astore markhor)
 ・C. f. heptneri (Bukharan markhor)
 ・C. f. megaceros (Kabul markhor)
 ・C. f. cashmiriensis (Kashmir markhor)
 ・C. f. jerdoni (Suleiman markhor)
があるとされているが、国際自然保護連合では、上記の上から3亜種が記載されている。
動物図鑑・マーコール 1 動物図鑑・マーコール 2 動物図鑑・マーコール 3 動物図鑑・マーコール 4 動物図鑑・マーコール 5




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
 このページの先頭へ