動物図鑑・アカアシドゥクラングール(ドゥクラングール)

アカアシドゥクラングール (ドゥクラングール/ドゥクモンキー) さんのプロフィール



動物図鑑・アカアシドゥクラングール

アカアシドゥクラングール
(ドゥクラングール/ド
ドゥクモンキー)

霊長目 オナガザル科
学 名 Pygathrix nemaeus
英 名 Dune Monkey / Red-shanked Douc Langur
分布域 ラオスやベトナム、カンボジアなど
生息環境 森林地帯
体 長 55~75cm 程度
尾 長 55~75cm 程度
体 重 8~14kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (EN)

ドゥクラングールの仲間は東南アジアに分布しているが、アカアシドゥクラングールは、ベトナム北部やラオス東部の低地から高地の森林地帯に生息している。
単にドゥクラングール、或いはドゥクモンキーと呼ばれることもあり、カンボジア北部にも分布している。

毛は長く、毛色は暗灰色や茶色を帯びたような濃灰色、また灰褐色などだが、肌色や黄色っぽい顔のまわりには、白くて長い頬毛があり、かなり特徴的な顔をしている。

また、尾や肘の下から手首にかけては白く、膝から足首の下辺りまでは栗色やオレンジ色をしている。
これが「アカアシ」の名前の由来になっているが、アカアシドゥクラングールは、全体にカラフルな体色をしている。

熱帯雨林や二次林、モンスーン林などに生息していて、低地から標高2000m辺りまで見られる。
普通は4~15頭程度の群れをつくって生活しているが、この群れは、ふつう1頭の雄に率いられている。
また、複数の群れが集まって、時に50頭程の群れをなすこともあり、雌雄共に階層構造が見られる。

アカアシドゥクラングールは完全な樹上性の動物で、中層から樹冠近くで活動し、ほとんど地上に降りることがない。
樹上での動きは非常に敏捷で、長い尾をうまく使って活発に動きまわる。

シルバールトンダスキールトンなどと同じくリーフイーターの仲間で、木の葉を主食として、イチジクなどの果物や種子、花などを採食している。
水分も植物から採取していて、水を飲むために地上に降りることは滅多にない。

野生下での繁殖の様子などは詳しく分かっていないが、繁殖期は8~12月頃で、雌は妊娠期間165~190日ほどの後、普通は1産1子、稀に双子を出産する。

子どもは目が開いて生まれ、育児は母親のほか、群れの仲間によっても行われ、飼育下では雄も育児を手伝うことが観察されている。
雌は4年、雄は4~5年ほどで性成熟し、この頃には、雌雄共に群れを離れていくと考えられている。

飼育下での寿命は25年程度と言われていて、外敵にはヒョウウンピョウなどが挙げられる。
しかし、アカアシドゥクラングールは樹上生活している為、外敵は肉食の動物よりも、むしろ密猟を目的とした人間であると言われている。
特にベトナムでは、かつてのベトナム戦争で多くの森林が破壊された後も、森林開発などで生息地が更に減少し、アカアシドゥクラングールの個体数もきわめて減少している。

現在、アカアシドゥクラングールは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって絶滅危惧種(EN)としてレッドリストに指定され保護されているが、一層の保護が求められている。

また、手足が黒っぽい色をしているクロアシドゥクラングール(Black shanked douc langur / Pygathrix nigripes)も生息数が少なく、絶滅危惧種(EN)に指定されているが、手足が濃灰色のハイイロドゥクラングール(Grey-shanked Douc Langur / Pygathrix cinerea)は更に個体数が少なく、より深刻な絶滅危惧種 (CR)として指定されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・アカアシドゥクラングール 1 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 2 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 3 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 4 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 5 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 6 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 7 動物図鑑・アカアシドゥクラングール 8