動物図鑑・シロイワヤギ

シロイワヤギ (シロカモシカ) さんのプロフィール



動物図鑑・シロイワヤギ

シロイワヤギ

偶蹄目 ウシ科
学 名 Oreamnos americanus
英 名 Mountain goat / Rocky Mountain Goat / White goat
分布域 北アメリカ東北部
生息環境 山岳地帯
体 長 120~180cm 程度
体 高 90~120cm 程度
体 重 55~100kg 程度

シロイワヤギは北アメリカ特有の大型の偶蹄類で、北アメリカのロッキー山脈や海岸山脈、アラスカ山脈などの高地の山岳地帯に生息している。

体はがっしりとしていて、顔や四肢の先などを省いて、長くて厚い羊毛状の毛で覆われている。
毛色は白色や黄白色をしているが、この体毛は寒冷地での体温の低下をよく防ぎ、-45℃の低温にも耐えることができる。

尾長は10~20cm程度と短いが、雌雄ともに角があり、黒色で後方に向かって伸びている。
この角は雄の長いもので30cm程になり、雌では少し短い。

また、体は雄の方が大きく、ふつうは60~80kg程度、大きいものでも100kg程だが、140kg程になるものも見られる。
雌は少し小さく、概ね55~70kgほどでと言われている。

ところで、ヤギの仲間にはあごひげが見られるが、シロイワヤギにも雌雄共にあごひげがある。
しかし、シロイワヤギは別名・シロカモシカとも呼ばれ、ヤギよりもニホンカモシカなど、カモシカの仲間に近いとされている。

シロイワヤギは、主として山岳地帯の寒冷地を好んで生息しているが、アラスカなどでは雪の多い海岸地帯にも生息している。
山岳地帯で生活しているものは、冬期には標高の低いところに降りてくるが、夏期には3,500mもの高所まで登り、時には5000mものところにも姿を見せると言われている。
また、冬には大きな群れをつくるが、夏では雄はふつう単独で暮らし、雌は子どもなどと共に小さな群れをつくって生活している。

山地の岩場と森林が境をなしているようなところで生活していて、岩の多い地域から離れることはない。
がっしりとした体のわりには岩登りもうまく、60度ほども傾斜している崖も登ってしまう。
このため蹄は丈夫で、強い四肢や肩、首の筋肉をもっている。

草食性で、コケ類やシダ類のほか、草類や木の枝など、季節に合わせて様々なものを食べる。
水分はほとんど食物から取っているが、標高の低いところに降りてくる冬には、ミネラル補給の為の塩舐めをすることが知られている。
これには、森林地帯を通って、数キロメートルほど移動することがある。
また、行動範囲は夏では23平方km程と言われているが、冬にはかなり狭くなる。

外敵にはピューマが挙げられるが、ヒグマアメリカクロクマオオカミボブキャットなどにも襲われることがある。
しかし、シロイワヤギは急峻な岩場で生活しているため、最も危険なものは、外敵よりも春先に起こる雪崩だとも言われている。

繁殖期は10月下旬頃から1月上旬頃で、雌雄共に、ふつうは複数のものと交配する。
雌の平均妊娠期間は170~180日ほどで、1産1~3子、ふつうは1子を出産する。

生まれたばかりの子どもの体重は3.2kg程だが、数時間以内には岩を登ることができる。
子どもは、ほとんどの場合ひと月程で離乳すると言われていて、長くても3~4ヶ月で離乳する。

その後、翌年に母親が出産するまでは一緒にいるが、やがて独立していく。
雌雄共に2年半程で性成熟し、野生での寿命は12~15年、飼育下での寿命は15~20年程度と言われている。

このほか、シロイロヤギは保護動物に指定されていることもあり、現在のところ、絶滅などの恐れはないとされている。

また、シロイワヤギは幾つかの亜種に分類されることがあるが、国際自然保護連合などでは亜種を認識しておらず、亜種はいないとする説が多い。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・シロイワヤギ 1 動物図鑑・シロイワヤギ 2 動物図鑑・シロイワヤギ 3 動物図鑑・シロイワヤギ 4